釣り船の欠航条件の基準は?波や風など天気で変わる楽しいひと時

スポンサードリンク

魚釣りの中でも、当日の天気など気象条件で左右される釣り「釣り船」での魚釣り。しかし、案外知られていないのが船の出航・欠航条件ですよね。そこで今回、欠航条件を様々な遊漁船から情報をもらい調べてみた判断基準をご紹介しよう。

 

<欠航条件の基準>

「風」

普通の天気予報では「やや強い、強い、非常に強い」の3段階ですが。細かく分けると4段階あります。

 

・やや強い風

風速10m/s以上15m/s未満の風

 

・強い風

風速15m/s以上20m/s未満の風

 

・非常に強い風

風速20m/s以上30m/s未満の風

 

・猛烈な風

風速およそ30m/s以上、または最大瞬間風速が50m/s以上の風

 

スポンサードリンク

 

風の判断基準は風速10m/s以下は一般的に出航、注意するのは「やや強い」です。この風は各船長さんにより判断が異なります。また、それ以上の風速の場合は欠航の可能性が高いです。

 

「波」

一般的に1.5mまでは問題なく出航だと思われます。注意すべきは2m以上の場合です。船長さんによっては2mで欠航する場合もあります。また、間違いなく欠航するのは3m以上だと思われます。

 

※波は湾内や海岸沿い・沖合海上によって、波高は異なります。そのため、ニュースやインターネットで調べた情報では厳しかったとしても、出航する可能性はありますが、逆に天気がいいのに欠航と言う場合もあります。

 

「雨」

雨は、パラパラ雨なら出航すると思われます。メディアでいう「雨がパラつく(出航)」、雨脚が強くなる(船長さん次第)」、「激しい雨(欠航)」という基準でしょう。

 

「雷」

雷については、欠航の可能性大でしょう。

 

※台風など猛烈に酷い気象条件は、もちろん欠航となります。

 

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?私が調べたところ上記が一般的な判断基準になるのではないかと思います。しかしながら、やはり船長さんによって出航・欠航条件は違うので一番は船長さんに聞くことだと思います。

 

自然相手のレジャーのため、常に天候との闘いはありますが、それがあるからこそ、出航出来た時の喜び、魚が釣れた時の喜びがあるのではないでしょうか?みなさんの楽しいフィッシングLifeを応援しております!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 気象情報 | タグ: , , | 釣り船の欠航条件の基準は?波や風など天気で変わる楽しいひと時 はコメントを受け付けていません。