世界最高齢は誰?過去最も長く生きた人、長寿ベストテン2017

2017年8月、世界最高齢の男性としてギネス認定されていたイスラエル北部ハイファ在住のイスラエル・クリスタルさんが現地時間11日に死去していたことが報道された。年齢は113歳と331日だった。クリスタルさんの死去により、世界最高齢の男性は日本の北海道に住む野中正造(まさぞう)さん112歳となりました。

 

<世界最高齢は誰?>

2017年現在の世界最高齢は女性で、ジャマイカ人のバイオレット・ブラウンさん117歳です。なんと彼女は1900年生まれと言うから驚きだ。

 

また、世界長寿ランキングでは圧倒的に「女性上位」ということが米老年学研究グループの調べで分かっています。

スポンサードリンク
 

・最も長く生きた人は?

人類の歴史上では分からないが、確実な証拠と記録があるところから調べると、過去に最も長く生きた人とされている方はフランス人女性のジャンヌ・カルマンさん(享年122歳)です。

 

<長寿ベストテン2017年>

※2017年4月現在
  1. バイオレット・ブラウン(ジャマイカ)117歳
  2. 田島 ナビ(日本)116歳
  3. 都 千代(日本)115歳
  4. アナ・ベラ・ルビオ(スペイン)115歳
  5. マリー・ゴーデット(イタリア)115歳
  6. ジュゼッピナ・フラウ(イタリア)114歳
  7. 田中 力子(かね)(日本)114歳
  8. マリア・ナルジーソ(イタリア)114歳
  9. 中村 いそ(日本)113歳
  10. 伊藤 タヱ(たえ)(日本)113歳

 

スポンサードリンク

<長く生きる秘訣とは?>

最も長く生きたジャンヌ・カルマンさんの長生きの秘訣は「ライフスタイル」が重要なポイントになっているかもしれない。カルマンさんは1週間に1キログラムものチョコレートを食べていたと言われ、20代から喫煙し117歳まで続けたそうです。また、禁煙したキッカケは、タバコに火をつけてくれる介護者のことを気遣っての事。なので、気を使わなければ止めていなかったのかもしれません。

カルマンさんは、身体も丈夫で85歳からフェンシングを始め、自転車は100歳まで乗っていたそうです。

 

 

<まとめ>

この現代、世界の平均寿命が年々伸びている。その背景には医療分野などの技術が発達したこともある。しかし、カルマンさんのように喫煙を続けていても長生きする事もある。それをみて考えると、寿命を短くするのは「ストレス」などの心的外傷が関係しているのではないかと私自身感じる。

 

やはり、一度きりの人生「いかに好きな事をし、楽しむか?」が最重要課題なのではないだろうか?

 

それにしても、日本人が世界の長寿ランキングのトップテンに5人も居るなんて驚きだ!また、今の20代の若い世代以降の寿命は100歳近くになるのでは?という噂も現実味を帯びてきているのかもしれない。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク