ヘビが人を丸のみにする事件が2017年インドネシアで発生!その動画が衝撃!

スポンサードリンク

2017年3月26日、とんでもない事件が発生した。その事件は、インドネシア西スラウェシ島の遠隔地の村で起きた。この付近でパーム油を採取していた25歳の成人男性が犠牲者。

 

この事件が発覚したのは、この男性が家に帰らず何故か、自宅近くで道具が発見されたことがキッカケだったそうです。そして翌日、村人たちが、もしかすると「男性がヘビに飲み込まれたのではないか?」と騒ぎはじめ捜査を開始。するとパーム農園の近くに7メートル級の超巨大パイソンを発見。その腹部を見ると、パンパンに膨れ上がっていた。しかも、まるで人が入っているかのような形・・・。

 

そこで、パイソンのお腹を切って開いたところ、中から男性が衣服を着た状態で発見された。非常に残念ではあるが、発見が遅く、男性は息をしていなかったという。

 

この時、実際に見た人々はこう語っている。

「ヘビを捕まえた時、そのヘビの腹部には、アクバルさんが履いていた靴がはっきり見えたんだ。そして村人がそのヘビの腹をナイフで切り開くと、アクバルが遺体となって出てきたんだ。」

スポンサードリンク

 

<どんなヘビ>

人を丸のみする巨大ヘビ「パイソン」とは、どんなヘビなのでしょう?

 

それは「ニシキヘビ」。

FSC_bo-runishikihebi_TP_V

 

動物園などでよく見る大きなヘビです。メディアなどで、人が首にのせたりしている巨大ヘビ、一見温厚なイメージの強いヘビですが、獲物を狩る時は違います。

 

・ニシキヘビの獲物捕獲方法

ニシキヘビは、獲物を後方から襲い、締め付け、窒息死させてから飲みこむ。

しかし近年、従来ニシキヘビのほか、ボアやアナコンダなどのヘビは獲物を締め付けて窒息させると考えられてきが、2015年の研究から、こういったヘビは血の流れを止めることによって、窒息させるよりもはるかに早く獲物を殺すことがわかっている。

言うならば、「息を止める」ではなく、「心臓を止める」と言う方が正しいのかもしれない。

 

<背後に注意>

おそらく、今回の事件も、背後から襲われたのではないだろうか?

 

ヘビに限らず、動物が凶暴になり人を襲うケースは多々ある。やはり、動物の本来持つ「本能」の部分を理解しつつ触れ合わなけらばならないだろう。

 

また、今回インドネシアで起こった事件は、ヘビを発見した後の動画も存在しているので、度胸のある方はご覧になってみるといい。

 

本当に、映画のように巨大ヘビが人を丸のみしている姿を見たい人の為に動画リンクを載せておこう。

<動画>

閲覧注意!ヘビを丸呑みしてる!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク