91歳の銀行強盗「レッド」ハンター・ラウントゥリーの人生とは?

 

2003年、アメリカ・テキサス州アビリーンの銀行で銀行強盗が発生した。その強盗は、約2000ドル(約38万円)の現金を奪って逃走。犯人は一人の単独犯だった。

 

しかし、車で逃走した際、目撃者が車のナンバーを警察に通報しており、アビリーンから約24キロ離れた高速道路で犯人は逮捕された。だが驚くのはここからだった、なんと犯人の年齢にびっくり、なんと御年91歳という老人だったのです。犯人の名は「J・L・ハンター・ラウントゥリー」という男性。

 

彼の名は「91歳の銀行強盗」として有名になる。おそらく世界で最高齢の銀行強盗だろう。しかし、なぜラウントゥリーは犯行に及んでしまったのだろう?そこには、栄光と挫折が見え隠れしていた。

 

スポンサードリンク
 

<ハンター・ラウントゥリーの人生>

通称レッドと呼ばれていたラウントゥリー、テキサス州の田舎の農場で生まれ育つ。その後、兄の紹介で油田会社に勤めていたそうだが、ウェイトレスの女性と出会い結婚。しかし、結婚した1940年代というのは当時、米国を含め世界恐慌の時代。そのため、ラウントゥリーの仕事も例外ではなく下降の一途をたどっていたんだとか。

 

 

そこで彼は一念発起、海上掘削装置のアンカーチェーンのウィンチを製造・販売する会社を起こし努力の甲斐あって事業は大成功、億万長者の実業家となります。

 

スポンサードリンク

 

しかし、その幸せは長く持たなかった。妻の連れ子だった息子が突然の交通事故で亡くなり、その後、会社を売却し売却益を得るが、油田開発事業に進出するため銀行から融資を受けて造船所を買収。しかし、銀行側が途中で融資を引き上げたことで破産してしまいます。

 

さらに不幸は続く。今度は最愛の妻が肺ガンにかかると50歳という若さでこの世を去ってしまう。まさに不幸の連鎖、ラウントゥリーは今まで築き上げてきたものを全て失ってしまう。

 

もう人生の歯車が元に戻る事はなかった。人生のどん底にいたラウントゥリーは、バーで31歳の若い女に出会う。この女性がきっかけとなり酒と禁止薬物に手を出すように・・・。後に、この女性とは結婚したようですが、わずか1年で離婚。このときすでに86歳だったというから驚き。

 

しかもこれで終わりではない。1998年に最初の銀行強盗に及びます。この時の動機は、「自分を破産させた銀行への復讐」だったそうです。

 

 

<人生の末路>

3度目の銀行強盗に失敗し、逮捕されたラウントゥリーは裁判の結果懲役12年の実刑判決を受け、テキサス州フォートワースの高齢者専用の刑務所で服役。しかし、体調を崩してミズーリ州スプリングフィールドの囚人専用の医療センターに移されたが、2004年に死去されているようだ。

 

 

<人生とは?>

この事件を聞くと、「本当に人生の歯車ってあるのだろうか?」と考えてしまう。今が幸せの絶頂だとしたら、一度崩れ出したら戻らないのかと・・。

 

しかし、それが人生。良い事もあれば悪い事もある。一体これから先、どんな人生が私や皆さんに訪れるのだろう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク