ノンスタ井上復帰はいつ頃?心から支えとなった相方の言葉が意外だった。

大人気お笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介さんが3月7日夜、昨年12月に起こした事故について謝罪会見を行いました。会見は約45分間行われ、神妙な面持ちで「被害者の方に、改めておわびしたいと思います。ファンの方々や仕事関係の方々に多大なご迷惑とご心配をかけたことをおわびします」と約50秒頭を下げた。

スポンサードリンク

・復帰はいつ頃?

復帰時期については、「会社と相談してお許しをいただいた時に」と会見で語っており現在のところ未定のようですが、今回の事故が不起訴処分となったことで時期が早まる見込みだと言われています。

 

またネット上では、直接ファンに気持ちを伝えたいと強調した井上の思いを尊重し舞台が復帰後初の仕事になるのでは?と言われており、関係者によると、関係各所への謝罪行脚を終えてから、今月19日に予定されている石田の「ルミネ the よしもと」での舞台共演が有力だと言われています。

スポンサードリンク
 

<謹慎中支えとなった相方の言葉>

自宅謹慎中は多くの方々にお叱りや激励を受けたと思われるが、やはり相方である石田明の言葉は井上にとってかけがえのないモノだったようだ。それは昨年12月の相方として謝罪会見を行った際、石田は「井上の人生は俺の一部」という発言をしている。この発言に関し相方として「人」として素晴らしいと世間は感心した。

 

しかし、この有名な言葉意外に井上の心を支えた一言があった。

 

「ノド治せよ。」

 

実は、この一言には相方思いやる深い意味があった。それは、謹慎中一歩も自宅から出ず、食事も後輩が買ってきてくれたものを食べ、特にお酒を飲む量が多くなってしまった。これを気にしていたのか、石田はノド治せよと言ったそうです。それには、漫才師は「声」が非常に重要であること、復帰後すぐに漫才できるかということ、お酒のせいで喉がやけてしまうのではないかと心配する相方の思いが込められてた。

 

<世間は復帰待ち!>

今回の謝罪会見を受け、世間では「いつ頃復帰?」という声が多く上がっているようです。やはり人気・実力共に兼ね備えた「NON STYLE」の漫才を観たくてたまらないファンが大勢います。

 

まだ完全復帰まで、若干の時間がかかると思われるが、会見で「何年後、何十年後になるか分かりませんが、いつか石田君から『井上でよかった』と言ってもらえるように頑張りたい」と再起を誓ったように、世間にもノンスタイルが居て良かった・面白かったと、言われるよう頑張っていただきたい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク