スレンダーマンの正体とは?謎の男がキッカケで起きた12歳の少女たちによる刺傷事件。

スポンサードリンク

<事件の全容>

2014年5月末、アメリカ(米国)ウィスコンシン州に住む2人の少女、モーガン・E・ガイザーとアニサ・E・ワイヤー。彼女らは、同級生の友人を森の中に誘い出しておさえつけると、用意したナイフで身体を19回も刺した。

その後、2人が離れると被害者は「信じてたのに・・」と叫びながら必死の思いで道路まで逃げようとした。しかし、ガイザーとワイヤーは、よろめきながら逃げる被害者を通行人に見つからないよう被害者を引き倒し、動きが鈍くなるのをみていた。さいわい偶然通りかかった通行人により発見され被害者は一命をとりとめた。

 

<犯行の動機>

12歳の少女たちによる犯行とあり、世間に大きな衝撃を与えた事件だが、さらに全米を注目させる別の理由がこの事件にはあった。

 

「スレンダーマン」

 

加害者の2人は、アメリカで有名なスレンダーマンに気に入られるため犯行を計画し実行。この犯行が遂行された後、スレンダーマンの「プロキシーズ(手下)」になりたかったと証言している。

 

・スレンダーマンの正体とは?

2009年にサムシング・オーフル・フォーラムにおいて利用者エリック・クヌーゼン(Eric Knudsen:別名・ビクター・サージ (Victor Surge))が創り出したインターネットミームから生まれた架空(フィクション)のキャラクター。

 

外見は背が高く痩せぎすで、手足が異様に長く、黒いスーツと白いシャツを着ている。しかしその上にある頭には、髪も耳も目も鼻も口も無い「のっぺらぼう」の男。胴体から触手や木の枝のようにみえる手が4本以上生やしていることもあるとされている。

 

スライダーマンは森に住み、こどもの集団を見つけると近くに出没してさらおうとする。獲物をストーキングすることもあり、移動は徒歩よりも瞬間移動が多い。また、プロキシーズという手下を連れていることもある。

スポンサードリンク
 

<ネット社会の恐怖>

最近では、誰でも簡単にインターネットを利用でき画像・動画などで、知らないものはすぐに解決してしまう時代。しかし、その中には多くの真実や嘘が蔓延している。

今回の事件も、ネットの中で架空の「謎の男」が、あたかも実在しているかのように扱われていったせいで起きた事件だろう。

 

また、ネット社会は今後もっと私たちにとって必要不可欠なものになるだろうから不安だ。さらに、最近では「人工知能が人類をこえる」とまで囁かれているからなおさらだ。何を信じて信じないかは自分次第だが、物事を冷静にやっていい行動なのかの判断は忘れないでほしい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , , パーマリンク