ローヤルゼリーの正体はハチミツではなく、ハチに重要な物質だった!

健康食品の定番と言っていいほど認知度が高い「ローヤルゼリー」。栄養ドリンクや化粧品など多くの商品に使われている物質。しかし、多くの方が意外に勘違いしやすいのが「ハチミツ」との区別。

スポンサードリンク

 

<ハチミツではない!>

ローヤルゼリーの商品には、よく蜂のマークが記されているが、ハチミツでは無いので注意しておこう。ここでよく間違えやすいのが「蜂のマークが入っているからハチミツだろう」という固定観念。実は高級なハチミツとかではなく、これは間違いなので要注意。

 

<ローヤルゼリーの正体>

ローヤルゼリーまたは、ロイヤルゼリーの正体は、ミツバチの若い働き蜂が「花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する乳白色のクリーム状の物質」のこと。

 

この物質は非常に重要で、女王蜂となる幼虫や、成虫となった女王蜂に給餌される食物でありミツバチの社会を支えている。また成分は「ロイヤラクチン」と呼ばれる単一のたんぱく質のほか、果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが広く含まれており、日本語では「王乳」とも称されている特別な物質。

(一部ウィキペディア引用)

スポンサードリンク
 

<ローヤルゼリーの種類>

日本では現在3種類になっている。

 

・生ローヤルゼリー

蜜蜂が女王蜂を育成するため、その咽頭腺等を通じて王台中に分泌したものであって、移虫後72時間以内に採取したもの。

 

・乾燥ローヤルゼリー

生ローヤルゼリーを凍結乾燥その他の方法により乾燥処理したもの。

 

・調製ローヤルゼリー

生ローヤルゼリー又は乾燥ローヤルゼリーに乳糖、はちみつ等の調整剤、添加物等を使用し、調製(錠剤、カプセルそのた剤型品の調製は、品質保全のため必要な場合に限る)したものであって、使用した生ローヤルゼリーの重量が全重量の6分の1以上のもの。

(一部ウィキペディア引用)

 

※最新ローヤルゼリー商品を今すぐチェック!(楽天リンク)

 

<まとめ>

よく分かりましたか?

 

意外にも、ハチミツとは別物だったんですよね。

 

 

ハチミツも十分栄養満点ですが、それ以上に栄養が備わった物質、それがローヤルゼリー。どちらにせよ、私たちに恩恵のある食物。これからも身体に取り込む事を続けましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク