ひのととり(丁酉年)2017年干支からみる一年

さて、いよいよ新年

 

2017年は一体どんな一年になるのでしょうか?

 

暦で見ると平成29年(2017年)の年、まず多くの方が気になるのが干支ではないでしょうか?

 

<十二支一覧>

子(し・ね)

丑(ちゅう・うし)

寅(いん・とら)

卯(ぼう・う)

辰(しん・たつ)

巳(し・み)

午(ご・うま)

未(び・ひつじ)

申(しん・さる)

酉(ゆう・とり)

戌(じゅつ・いぬ)

亥(がい・い)

 

<十干一覧>

甲(こう・きのえ)

乙(おつ・きのと)

丙(へい・ひのえ)

丁(てい・ひのと)

戊(ぼ・つちのえ)

己(き・つちのと)

庚(こう・かのえ)

辛(しん・かのと)

壬(じん・みずのえ)

癸(き・みずのと)

 

世間一般では十二支の事を干支と理解している方も多いと思いますが、意外に知られていないのが「十二支12と十干10組み合わせたのが干支」ということ。この干支の種類は60種類となっているため、一周するのに60年ということになります。

 

スポンサードリンク
 

<2017年は丁酉(ひのととり)>

酉年でも良いのだが、正確な干支が知りたい方も多いだろう。2017年は十干でいう4番目の「丁(ひのと)」の年にあたります。

 

そのため、十二支の酉・十干の丁を組み合わせた34番目の丁酉(ひのととり)が2017年の正確な干支となります。

 

 

<どんな年?>

まず、十干とは草木の成熟から枯れるまで、干支は草木の一生を表しているそうで、昨年の「丙申」という年は「形が明らかになっていく頃」でした。

 

 

そして「丁酉」の意味はと言うと「形が充実した状態」を意味しているそうです。分かりやすく言うと、草木の果実が成熟しきった状態や、脂がのった状態という感じです。

 

 

~五行から見る~

陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)とは「陰陽思想」と「五行思想」が結び付いて生まれた思想のこと。

 

十干十二支、陰陽五行説の基本は、木、火、土、金、水、(もく、か、ど、ごん、すい、金は「きん」でなく「ごん」と読ませる)の五行にそれぞれ陰陽二つずつ配する。とされており、これでみると「丁」が火、「酉」が金となり、2017年は火と金の組み合わせとなる。

 

 

~火と金の組み合わせは悪い?~

まず、普通に考えて火で金を溶かせますよね。この事を相剋(そうこく)と言い、意味は「順調ではない。」ことを指しています。

 

それを踏まえて考えると、2017年は火が金を剋(こく)する(丁が酉を剋する)という形になり十二支より十干が強くなる事に。要するに、上下関係が成立してしまう形が出来上がってしまうのです。

 

本来、良い形は「相生(そうじょう)」と言われ「水が木を作って、木が火を作って、火は土を作って、土が金を作って、金が水を作る。」この順応するような流れが良いとされています。

 

スポンサードリンク
 

<2017年は注意!?>

干支から紐解いていくと2017年は、あまり順調にいく年ではないと考えられます。そのため、人生においての大きな決断など何かを決める際には、慎重に考えたり相談したりして決めていく事も重要かもしれません。

 

2016年(形が明らかになる頃)で大成功を収めた人も、2017年は注意が必要かもしれません。

 

「去年は良かったけど今年が・・・。」

 

そうならない為にも、何か次なる手を打つことが重要です。自分一人ではどうしようも出来ない時は、第三者のような外部の力を借りて乗り切る事いいのではばいでしょうか?

 

 

<まとめ>

暦でみると、あまり良い年とは言い難いが、人生の大切な一年をどう自分なりに充実して過ごせるかが大切です。どんな年であろうと、楽しい事、悲しい事、辛い事など様々な事が起きると思いますが、前を向いて走り続ければきっと最高の一年になるはずです!

 

さぁ、2017年も突っ走って参りましょう!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク