エジプトのドッキリ番組ラメズがありえない!あのパリスが激怒!

世界中でお馴染みの「ドッキリ番組」。どこの国でもあるドッキリ企画だが、エジプトのドッキリ番組は私たちの想像を絶する企画と噂になっている。

 

その番組は、

「ラメズ・イン・コントロール」

 

様々なドッキリを企画している番組のようだが、とくに衝撃を与えたドッキリが「飛行機墜落どっきり」。

 

あの超有名セレブ:パリス・ヒルトンがターゲットになり、後に告訴する?しない?と問題になったほど。

 

<飛行機墜落ドッキリ>

・パリス・ヒルトンの場合

パリスは、その日ドバイのホテルのオープンイベントに出席。エジプト出身俳優のラメズ・ガラドと同市の遊覧飛行を楽しんでいたが、徐々に搭乗していた飛行機が降下し始めるという恐怖が始まった。しかし、これはパイロットがいかにも機体が降下しているかのような動きをおよそ5分間に渡って続けたもの。

 

スポンサードリンク

 

しかし、ターゲットのパリスはどんどん動揺し泣き叫ぶことに。さらに、仕掛け人と思われる同乗していたほかの乗客も怖がったふりをして、叫んだり泣いたり。それを数分間続けた後、その中の1人が機体後方にあるドアを開け、パラシュートを装着させて人々を空中へと投げ出し始めるという完成度。

 

 

もはや、これをされたら誰一人として信じない人はいないだろう。

 

 

この全てがいたずらであると明かされたパリスは「飛行機に乗っている時に死ぬことが一番の恐怖」だと明かし仕掛け人のラメズを「殺すわよ」と怒鳴りつけていたという。

 

 

<日本ではありえない>

日本のドッキリ企画も常に進化し、その完成度も高くなる一方、安全面には全力を尽くしている印象を受ける。

 

ですが、さすがに今回ご紹介したエジプトのドッキリ企画を真似するのは無いと思います。まず、スケールがデカすぎますね(汗)。

 

 

~ドッキリを真似しないように~

あくまでも、ドッキリというのは番組を盛り上げる為に芸能人が主に引っかかるものです。面白そうだからと言って、安易に真似すると危険なものもありますので注意しましょう。

 

 

また、最近では動画投稿などが流行っていますが、話題作りの為に危険なドッキリはしないようにしてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク