ユーチューバーマリマールが苦しむ腫瘍ヒグローマ、この病に負けず動画で活躍!

アメリカ・カリフォルニア州に住むMarimar Quiroa(マリマール・キロア?)さん。

 

マリマールさんは生まれつき顔の右半分に大きな腫瘍を抱えており、呼吸することも困難で口から食事も出来ない。

 

 

また、腫瘍があることで舌がうまく動かなかったり、口も動かすことが困難な為、喋る事が出来ないそうです。

 

 

そのため、周囲の一部の心無い人たちからは、「猿のようだ」などと酷い言葉を浴びせられたことも・・・。

 

 

そんな彼女を苦しめる顔面腫瘍の正体は、

 

「嚢胞性ヒグローマ」

※この腫瘍については記事の最後に説明を載せておきます。

 

スポンサードリンク
 

しかし、彼女は自身が抱える病に屈することなく現在では、世界中の多くの人が注目する人気者になっている。

 

 

そう彼女の職業は「YouTuber(ユーチューバー)」。

 

 

アメリカでは一つの職業として認められているユーチューバー、近年では日本でも大きな注目を浴びている職業であり、子供たちがなりたい職業ランキングでも上位に位置するほど。

 

マリマールさんがユーチューバーとして活動し始めたのは3年ほど前のようで、女性ならではの特技「メイク(化粧)」の動画がキッカケだった。

 

 

<どんな動画?>

メイク術・美容・ファッションなど手話を交えて披露する動画。

 

 

マリマールさんの動画を視聴した方々からは「いつも前向きで元気を与えてくれる」というような、励まされたというコメントがほとんど。

 

 

現在チャンネル登録者数も18万人越えと驚異の人気を誇っていますが、今後メディアで取り上げられたりすると一気に登録者数が伸びると思われます。

 

スポンサードリンク
 

<マリマールの活躍の原動力って?>

幼い頃から多くの困難を背負ってきた彼女が、ユーチューバーとして動画一つで世界中に元気や勇気を与えれるようになったのだろう?

 

彼女の場合、「私はキレイ」と信じ続けたことだったそうで、自分を信じ続けることが重要ということを考えさせられます。

 

最後に、

 

~嚢胞性ヒグローマとは?~

リンパ系における閉塞によって引き起こされる液体で満たされた袋のこと。嚢胞性ヒグローマは、流体で満たされた1つあるいはそれ以上の嚢胞から成ります。一般的に、それらの嚢胞は、時間の経過とともに大きくなる。

 

EUSM(エモリ・ユニバーシティー・オブ・メディスン)によると、

 

「嚢胞性ヒグローマは胎児の1%に発生する。通常、妊娠第9週および第16週の間に起こる、ヒグローマのあるすべての胎児の約半分には、染色体異常があります。ヒグローマは第20週まで​​に流産となって終わり、赤ちゃんが正常な染色体を持っている場合、結果は通常は良好です。しかし、そうでない場合は、胎児には重篤な合併症があります。」と説明されています。

 

また、「環境的要因」「遺伝子的要因」などが主な原因とされているようです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , , パーマリンク