山梨県、お腹が膨らむ?感染症の正体とは?現在も続く寄生虫との闘い。

山梨県の甲府盆地の低湿部を中心に大流行した感染症がある。

 

この感染症にかかった患者は、異常なまでにお腹が張り最悪の場合、命を落とすこともあったという。

 

その病の名は、

 

「風土病」

(ふうどびょう)

 

※風土病とは、ある一定の限定した地域に定着し流行を繰り返す病気の総称である。地域によっては地方病(ちほうびょう)とも呼ばれ古くは「流行地には娘を嫁に出すな。」という地域差別にまで発展したことをうかがわせる話も伝わっている。

 

スポンサードリンク
 

<原因不明の感染症の正体>

日本住血吸虫病(にほんじゅうけつきゅうちゅうびょう)

 

~症状などはこちらを参考に~

日本住吸血虫症、お腹が異常に膨らみ死に至る感染症の症状とは?

 

<戦慄の100年>

日本住吸血病が最初に確認されたのは「安土桃山時代」と言われている。しかし、存在は知られていたが原因の特定ができず、人々を恐怖に陥れていた。

 

そんな日々が長く続き、明治期に県による医学的な原因調査が本格的に行われ、死亡患者の病理解剖で寄生虫卵が発見される。

 

そこで、原因は新種の寄生虫であると仮説が立てられると、大正期には日本の寄生虫学者「宮入慶之助」により日本住血吸虫の中間宿主が、巻貝の一種であるミヤイリガイ(宮入貝)であると突き止める。

 

 

それにより、病の原因となる大規模なミヤイリガイの駆除が行われて撲滅されることになったのですが、一部の地域では継続的に生息が確認されているという。

 

 

<日本国外でも日本住吸血対策がされている>

中国やフィリピンなど、東南アジアでは未だに感染地域が残っており、対策が急がれている。また、東南アジアの一部で「メコン住血吸虫」の感染も問題になっている。これらは、ワクチン等の予防手段がないため最善の策として、

 

「感染地では淡水の生水を皮膚に接触させないこと」とされている。

 

スポンサードリンク
 

<人と病>

人間にとって最大の敵「病」、病と言っても様々。しかし、人間と病の闘いは永遠と続く運命でもあるのではないだろうか?

 

仮に、人間と病の争いに終止符が打たれるとどうなるのだろうか?

 

非常に気になるところだ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
楽天リンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク