ボストンマラソン爆破事件、テロで傷を負うもエイドリアンはダンスで勇気を与え続ける!

2013年4月15日、米3大市民マラソン大会のひとつに数えあげられる、由緒あるスポーツイベント「ボストンマラソン」。

 

 

大17回目を迎えたこの日も、多くの応援・観客・報道陣がランナーを観ていた。

 

 

そのゴール付近で悲惨なテロ事件が起きる。このテロは、いわゆるソフトターゲットを狙ったテロとされており、3人が死亡、282人が負傷したとされる。

 

 

今回は、この悲惨なテロ事件に巻き込まれながらも、自分の夢を追い続け世界に勇気と希望を与え続ける一人の美女をご紹介しよう。

 

スポンサードリンク
 

<勇気を与えるダンサー>

彼女の名は、Adrianne Haslet-Davis。

 

エイドリアン・ハスレット・デイビスさん。

(ダンス講師)

 

~テロに遭遇~

ボストンマラソンに参加していたエイドリアンは、偶然にもテロに巻き込まれる。爆発直後、彼女の夫アダム・デイビスさんは自身も負傷しながら、咄嗟の判断で、妻が負った傷がさらに深刻で命に関わるものだと判断。なんと、自身のベルトを巻きつけて止血に努めた。その後、エイドリアンさんはボストン・メディカルセンターに運び込まれることで、一命をとりとめている。

 

後に、夫の咄嗟の判断がなければ命を失っていた可能性もあったと言われている。

 

 

~深刻な傷~

エイドリアンは、このテロにより左足膝下12センチから先を失ってしまう。

 

しかし、それ以上にテロという恐ろしい惨劇の記憶が最も大きな傷となっており、花火の音がするだけで、テロの日を思い出してしまい叫び声を上げてしまったり・・・。

 

 

~苦悩の日々~

彼女は、傷が治ってからも、

「なぜ自分は足がなくなってしまったのか?」

「なぜ毎日義足をつけなければいけないのか?」

 

と、日々やりきれない日々を思いを抱え、涙する日が続いた。

 

スポンサードリンク

 

~希望の光~

彼女の人柄の良さなどが人々の心を動かし、ダンサーとしての彼女の足の感覚を取り戻すべく、専門の技術者たちも協力することに。

 

MITヒュー・ハー(Hugh Herr)教授は開発を続けてきたバイオニクス義肢を、エイドリアンさんに提供。なんと、この電子義足は、使用者の動きに合わせて自然な動きを再現するように作られているという優れもの。

 

ハー教授自身も17歳の時に、登山事故による凍傷で両足を失っており34年間、人間の動きと同じか、より優れたバイオニクス義肢を作ることに専念してきたこの道のプロフェッショナルだ。

 

 

ハー教授が開発した義足「バイオM」は、電磁石の電流を利用して自然な足首の動きを、またモーターがふくらはぎの筋肉の動きを再現し、足を失った人々の歩行はもちろん走行までサポートする。ちなみに、ハー教授自身はその義足でロッククライミングもこなすというから驚きだ。

 

 

しかし、ハー教授やエイドリアンさんに提供された義足の金額は、25万ドル(約3000万円)相当の価値を持つそうで、まだ一般に普及するのは難しい状況と言えそうです。

 

 

<身近なテロ>

世界には、多くのテロ組織が存在する。いつどこで起こるか分からない恐怖。

 

もし、テロに巻き込まれ自身に何かあっても、エイドリアンのように、世界中に勇気と希望を与えることができるだろうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク