巨大生物ライガー自然界に生息している?珍しいライオンと虎の交配種。

世界には、多くの珍しい動物が生息しています。今回は、その中でも巨大で凄まじいインパクトを持つ巨大生物を調べてみよう。

 

スポンサードリンク
 

巨大生物

「ライガー」

 

スポンサードリンク

 

<ライガーとは?>

 

ライオンタイガー(トラ)の雑種・交配種。

 

ライガーは、ライオンが雄(オス)、タイガー雌(メス)によって生まれるもののようで、逆にライオンが雌、タイガーが雄の場合「タイゴン」と呼ばれるそうです。

 

 

・特徴的な大きさ

ライガーは、足を伸ばした体長が最大12フィート(約3.56m)、体重450~600kgにもなると言われており、ネコ科の中では最大の動物だそうです。

 

 

ちなみに、ライオンや虎の体長は1.5~2.5m程度、体重200~300kg程度と言われているため、その大きさは尋常ではない。

 

 

・自然界にいる?

現在では、唯一両方が生息するのがインドのギール野生生物保護区だけのようで、この地域で数百年前には野生のライガーがいたと仮定されている程度ですので、人の手によって誕生したハイブリッドの一つの可能性が高いようです。

 

 

<ハイブリッドが一般的?>

まず、野生でライオンと虎が出会ったとしても通常は敵同士として殺しあうという。また、現在ライオンと虎が同じ地域に上記の例外を除いて生息が確認されていないので、出会う機会もほとんどないようです。

 

 

それに、ライガーやタイゴンはハリウッドやショーのために作られることが多いとも言われているが、頭数は減少している模様。

 

 

<豆知識>

ライガーは、19世紀の始めごろから存在が知られ始め、ヨーロッパでは1837年に2匹のライガーが生まれ、当時のウィリアムIV世とビクトリアにお披露目されたエピソードがある。

 

 

・病弱な身体

ライガーやタイゴンは、数が少ない上に神経欠陥、遺伝子の異常、短命と言われている。その他にも、雄のライガーは生殖機能を持たず(メスにはありますが)、さらに生まれた子は生殖機能を持たないため、繁殖していかないのだそうです。

 

 

<正式名称ではない!?>

ライガーなどとして世界中で言われているが、正式な学名もないという。そのため、ライガーと単に呼んでいるんだとか・・・。

 

スポンサードリンク
 

<ハイブリッドをどう考える?>

物珍しさなどを理由に、人間の手によって誕生する生物。しかし、その多くの生物たちは繁殖力がないものや、病弱な身体をもっているものも多々あるようだ。

 

 

自然界で行われている繁殖活動に、人間が手を加え誕生するなんて、色々考えてしまうのは私だけだろうか・・・。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
楽天リンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク