カヌーマン事件の犯人は?計画的犯行に世界が仰天!?

 

カヌーマン事件を、あなたは知っているだろうか?

 

2002年、イギリスで起こった事件。

 

スポンサードリンク
 

<事故発生>

ジョン・ダーウィンは妻と子と共に家族でカヌーを楽しんでいた。

 

しかし、ダーウィンは川に流され行方が分からなくなり、翌年、警察などによる賢明な捜査むなしく脂肪報告書が作成された。

 

ところが、5年後の2007年。

 

 

突然ダーウィンが警察に出頭し、各メディアは騒然とし、

 

「奇跡の生還」

 

として、大々的に取り上げた。

 

 

<事故ではなかった!>

この事件の真相は、

 

「計画的犯行」

 

夫の死を偽った計画的保険金詐欺事件だったんです。

 

 

・犯人は?

ジョン・ダーウィンと妻のアン。

 

この二人の入念な計画の元実行されたものだったのです。

 

 

・犯行動機は?

この夫婦、元々数個の不動産を持っており、その維持費や、その他含め相当な借金の末の犯行と考えられています。

 

 

・犯行後の生活

妻のアンは、死亡保険5000万円や死亡年金も受け取り、しばらくたって世間が注目しなくなる頃にパナマに移住し生活。

 

一方ダーウィンは、どこかに身を寄せていて、犯行後11カ月後には妻のアンと生活を共にしていたそうです。

 

スポンサードリンク
 

・犯行がバレる!

ダーウィンの出頭により、警察はアンの行動におかしな点を見つけ出す。

 

パナマ移住、不動産の取得などなど。

 

これらを捜査当局が調べたところ、真実がすべて暴露され事件の真相がでてきた。

 

 

<一つの謎>

ここで、気になるのが「なぜ?ダーウィンは出頭したのか?」

 

 

これについては、本人以外分かりようがない。

 

 

しかし、もしかすると、偽りの生活にピリオドを自分自身で打ったのかな?と考えています。あくまでも、個人の意見としてとらえておいて下さい。

 

 

この「カヌーマン事件」、前代未聞の詐欺事件として、今なお記憶に残っている事件だ。

 

 

また、カヌーマンと呼ばれるようになったのは、カヌーで行方不明になったことから、そう呼ばれるようになったそうです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク