アッサル湖、ジブチ共和国の塩湖とは?

アフリカもジブチ共和国という国をご存じだろうか?

 

灼熱の土地とさえ言われている酷暑地帯

 

その、最高気温は70℃超えを記録していると言われ、聞いただけでも恐ろしい場所。

 

スポンサードリンク

 

そんな、酷暑地帯で突如現れた謎の湖としてあらわれたのが、

 

 

「アッサル湖」

 

アッサル湖とは、とは、ジブチの中央、タジュラ州の南端に位置する火口湖。また、アフリカ大陸の最低標高地点としても知られているようです。

 

 

<特徴>

この湖水は、地球上で最も塩濃度が高い「塩湖」ということ。

 

あの、世界的に有名な「死海」が約30%の塩濃度に対し、アッサル湖は約35%と計測されている。

 

 

<水源>

この世界一の塩湖(アッサル湖)の水源は、湖より10km南東にあるアデン湾の西端であるタジュラ湾からの海水で潤される地下水脈。

 

 

<湖の恩恵>

ジブチという酷暑地帯で生きる人々の生活に多大な恩恵をもたらしているのが、アッサル湖で採取される「塩」。

 

「アッサルの塩」

「パールの塩」

 

などと呼ばれ、天然で希少性もあり世界中から注目を浴びている。

 

スポンサードリンク
 

<味は?>

まろやかな味で甘みもあり、にがりも多く含み濃厚。

 

また、透き通った甘みのようで、様々な素材にもマッチし、味に深みを出してくれる。

 

※様々な塩を探すなら楽天!!

 

<まとめ>

この、アッサル湖の経済効果は言うまでもないが、全世界にも最高級の塩をもたらしてくれるアッサル湖には感謝したい。

 

まだ、一度も味わったことがないと言う方は、一度食してみるのも良いのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク