エベレストで置き去りになった登山家リンカーン・ホールの奇跡。

世界最高峰「エベレスト」と言えば、誰もが一度は耳にしたことある山ではないだろうか?

 

 

登山家なら一度は挑戦したいと思うエベレストは、様々な条件が整わないと登頂成功は厳しいと言われている。

 

そのエベレスト登頂に挑戦した、オーストラリアの有名な登山家リンカーン・ホールさんの壮絶な実話をご紹介しよう。

 

スポンサードリンク





 

<エベレストで置き去り!?>

2006年、登山家リンカーン・ホールさんは、50歳でエベレストへの登頂に成功した。

 

その報告を、オーストラリアの家族などに、ラジオで喜びを伝えた。その後、すぐに下山を始めたが、ここでリンカーン・ホールさんを高山病が襲った。

 

それにより、リンカーン・ホールさんは、突然意識を失うことに。

 

 

<最悪の勘違い>

意識を失ったことを、てっきりメンバーは、「リンカーン・ホールさんが死んだ。」と思った。

 

そこで、同行していたシェルパの2人は、登山隊のリーダーの指示でリンカーン・ホールさんの荷物を全部持って下山しましてしまう事に。

 

 

しかし・・・

 

 

リンカーン・ホールさんは生きていた。

 

 

意識を失ってから約3時間後、目を覚ますと、高度8500メートル付近(頂上から少し下)で装備も防寒具もないまま、放置されていたそうなんです。

 

スポンサードリンク





 

<奇跡>

そんな状況に置かれているリンカーン・ホールさんを救ったのは、同じオーストラリアの登山家のダンカン・チェッセルさん。

 

 

ダンカン・チェッセルさんはすぐに、リンカーン・ホールさんの生存をネットなどのメディア等を使い生存を伝え、その後、ロシアの登山隊が酸素や防寒具を持って救い出し、7000メートル地点のベースキャンプまで一緒に下山。

 

 

その後、リンカーン・ホールさんは病院に搬送され、凍傷と脳浮腫がありましたが、適切な治療で回復したそうです。

 

 

この事故は、エベレスト登頂で起こった事故の中でも「奇跡」と呼べるものではないだろうか?

 

 

エベレスト山頂付近で、気を失い意識不明。その3時間後に目が覚めると、荷物もなく、たった一人になっていた。

 

 

まさに最悪の状態でしたが、ダンカン・チェッセルさんが気づいたことにより奇跡の生還を果たす。

 

 

こんな映画のような実話が、世界には存在していたなんてビックリとしか言いようが無い。

 

 

しかし、このような事故が今後無くなるように、キチンとした登山家としてのルールを認識しておくことが重要だと思われます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク





LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク