ストレートネックとは?その原因は何?治し方は?

「ストレートネック」

 

最近テレビ等で注目され世間に知られるようになった言葉。

 

 

一見「病気か?」と思われがちですが、病名ではありません。

 

 

<ストレートネックとは?>

頚椎の生理的前湾角度 30度以下の首の状態のことを言います。

 

※正常な人の首の前湾角度は30~40度とされています。

 

スポンサードリンク

 

<主な原因>

・不良姿勢

最近では、パソコン作業・スマホ操作といった電子機器を使用する機会が多いため、代表的な原因の一つと言われています。

 

また、昔から多いのが、過度の姿勢矯正をしている人です。主に、バレエやダンスといった姿勢を極度に保つ動きが原因としてあります。

 

・加齢・老化

歳と共に老化することにより、頚椎椎間板症や頚椎症など、首の椎間板や骨の退行性変性から起こるのも原因です。

 

・スポーツ障害より起こる

格闘技による頭部や首への衝撃、顎を引き背中を丸くした姿勢、代表的な例では、ボクシング、レスリング、柔道、総合格闘技などがあげられます。

 

また、スキー・スノーボードでの転倒や、交通事故で「むち打ち」になり起こる場合もあるようです。

 

<症状は?>

  • 頭痛がする
  • 肩がこる
  • 首が痛い、首が動かない
  • 頚椎症、椎間板症
  • 上が向きにくい
  • めまい、ふらつき感がある
  • 手のしびれがある
  • 寝違いを繰り返す、枕が合わない
  • 逆流性食道炎、胸焼け、吐き気がする
  • 自律神経失調症、うつ

 

以上が代表的なものですが、中には「無症状」と言って、何も症状が無い場合もあるようです。

 

スポンサードリンク

 

<治し方はある?>

これについては、多くのストレッチ方法があり説明すると長くなるので、今すぐ簡単に効果が現れると言われている、「バスタオル首枕ストレッチ」をご紹介しておきます。

 

~方法~

・バスタオルを縦(長い方)に2つ折りにする。

・今度は横(短い方)に2つ折り。

・クルクル巻いていく(強く)。

・両端をひもやバンドなどで固定する。

・完成。

 

要するに、バスタオルをクルクルと丸めて、枕代わりにして寝るだけ。

 

えっ?

 

と思われた方いるでしょうが、これにはきちんとした理由があります。

 

 

このタオルで作った枕で寝ると、頭の重みで首の骨が引っ張られます。すると、頚椎がまっすぐな状態から、自然なカーブ状に近づいていく。そうすることにより、首の骨のゆがみの矯正に役立つという。

 

 

 

これから先、電子機器を使用する機会が増える事は間違いなさそうなので、もし、ストレートネックになったと思われた方は、すぐにタオル枕で寝るようにしましょう。

 

 

また、近年では、子供たちがなるケースも増えてきているため、お子さんがおられる方は、そちらの方にも注意が必要かもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ, 豆知識 タグ: , , パーマリンク