マレフィセントの呪いには理由が!?もう一つの「眠れる森の美女」

1959年に公開され世界中で大ヒットとなった、

 

ディズニーの最高傑作のひとつ、

 

「眠れる森の美女」

 

その主人公と言えばオーロラ姫。

 

 

しかし、今回「マレフィセント」で描かれているのは、オーロラ姫に“永遠の眠り”の呪いをかけた悪役の魔女だ。

 

スポンサードリンク
 

映画「マレフィセント」では、眠れる森の美女では描かれていないもう一つのストーリーのような感じで描かれている。

 

 

マレフィセントの中でも注目すべきは、

 

 

“なぜ、オーロラ姫に呪いをかけたのか?”

 

この謎が原作とは違いますが、明らかになります。

 

 

<呪いをかけた理由>

妖精マレフィセントは、ムーア国に現れた少年・ステファンと恋に落ちる。

 

ステファンは16歳になったマレフィセントに、“真実の愛のキス”を彼女に捧げました。

 

 

しかし、野心家のステファンは自分の出世のための「自己中心的な欲望」により、マレフィセントを裏切る。

 

 

そして、ステファンは先代の王からマレフィセントを殺した者を王座をゆずると言われたがために、彼女をだまして眠らせ、殺した証拠として翼を奪って献上しましてしまう。

 

 

これによりマレフィセントは、ステファンの欲望・野望により翼を失い、本来もっていた優しさを失なってしまうのです。

 

 

・理由

マレフィセントが呪いをかけたのは、ステファンの言う“真実の愛”が噓偽りであったため、ステファンに復讐をするために、生まれたばかりのオーロラ姫に呪いをかけた。

 

「復讐」が呪いの答えだったようです。

 

 

また、マレフィセントは生まれたばかりのオーロラ姫に呪いをかけるとき“真実の愛のキス”こそが呪いを解くと宣言しており、ここでようやく誰もが知る「眠れる森の美女」のストーリーへと続いていくような感じです。

 

スポンサードリンク
 

<原作との違い>

原作アニメ「眠れる森の美女」のように、マレフィセントが完全な悪役を演じるのかと言うと、そもそもそこから違います。

 

 

原作では、マレフィセントがオーロラ姫に「死の呪い」をかけますよね?

 

しかし、映画の冒頭では、

 

「マレフィセントがなぜオーロラ姫に“呪い”をかけたのか?」

 

「なぜマレフィセントは悪役になったのか?」という真実が描かれています。

 

子供の頃、マレフィセントとステファンの出会いがあり、そこから「眠れる森の美女」のアナザーストーリーが始まるといった流れ。

 

 

原作のアニメとは少々違うようなので、別々で考えると分かりやすいと個人的には感じます。

 

楽天リンク

 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: アニメ・ヒーロー タグ: , , , パーマリンク