クヒオ大佐は日本人!?結婚詐欺師の生い立ち・現在は?

 

1970年代~1990年代にかけて、詐欺事件としても高額な結婚詐欺事件を起こしていた人物をご存じだろうか?

 

 

「クヒオ大佐」

 

 

世の女性たちを次々に騙しとった金額は実に1億円以上とも言われている。

 

 

しかし、どのようにしてクヒオ大佐は詐欺を働いたのか?

 

その手口や、生い立ちに迫っていこう。

 

スポンサードリンク
 

<本名>

クヒオ大佐は偽名。

本名は鈴木和弘という日本人だという。

 

えっ!?

 

日本人!!

 

と思われた方、多いだろが彼の生い立ちを見ていくと間違いなく日本人だと思うだろう。

 

<生い立ち>

第二次大戦中に北海道網走市に生まれ、中学校卒業後に職業訓練学校へと入学する。

 

鈴木の父親は国鉄職員をしていており割と裕福な家庭だったのかもいれない。

 

鈴木自身は、訓練学校卒業後上京して自衛官になっている。

 

 

<詐欺の手口>

鈴木は、カメハメハ大王とエリザベス女王の血を引くとし、名前を「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」と名乗っていたようです。

 

服装は米海軍の制服を着込み、知り合った女性を巧みに口説いては結婚費用を騙し取っていた。

 

 

彼は、出会った女性に対し、

 

「英国のエリザベス女王は双子でその妹が自分の母。」

「父はカメハメハ大王の末裔」

 

と自身を王族の一員と匂わせながら、高級レストランに招待したりしていたそうです。

 

 

また、「結婚すれば英国王室から3億円の祝い金が出る」と言ったり、「財産が500億円ある。」などと、嘘を並べ言葉巧みに女性を信じ込ませていった。

 

 

さらに、信用させるため、軍服姿で米軍の戦闘機に乗り込む姿を撮影した写真などを見せたりしていたという。

 

 

実際に被害に遭った女性は、分かっているだけでも7人。年齢は幅広く25から51歳らしい。

 

 

一人当たりの被害額は数百万円から、多い時で4500万円もの大金を騙しとられていたケースもあるというから驚きだ。

 

 

この詐欺を実行するため鈴木は、髪を金髪に染め、鼻を高く整形し、カタコトの日本語を用いて「クヒオ大佐」に成りすましていたという。

 

スポンサードリンク
 

<現在は?>

クヒオ大佐として、詐欺を繰り返すこと1999年。10度目の逮捕で、懲役5年の実刑判決が言い渡されたのが最後の事件。

 

 

逮捕時が58歳だったので、現在75歳になっていると思われる。

 

 

また刑期出所後は、前に騙した女性に面倒を見てもらっているとの噂もありますが、真相はわかりません。

 

 

 

この一連の事件で、本来なら鈴木は憎まれると思うのが一般的ではないかと思うが、騙された女性の中には、逮捕後も被害届を出さなかったり、刑務所の「クヒオ大佐(鈴木)」にわざわざ面会に来ていたりした人もいるそうだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
楽天リンク

クヒオ大佐 [ 堺雅人 ]
価格:3693円(税込、送料無料)

 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク