カエル跳ばし祭りとは?大会のルール、記録、賞金はいくら?

 

アメリカはカリフォルニア州の、キャラベラス群エンジェルスキャンプという小さな町で開催される、

 

カエル跳ばし祭り

 

※正式には「Jumpping Frog Jubilee 」という名の祝祭。

PPS_ushigaerusan_TP_V

<歴史>

元々、村おこしの為にと始まったカエル祭りは、1928年から90年近くも続く伝統あるお祭りとなっていったそうです。

 

しかも、その規模は大きくなり全国大会のような、

 

国際フロッグ・ジャンプ・グランドファイナル

 

という大会も開催されている。また、フャイナルに出場できるのは50位以内とされている。

 

 

<大会記録は?>

 

最高記録は6.4mを超える記録が残っている。

 

スポンサードリンク
 

<優勝賞金は?>

国際フロッグ・ジャンプ・グランドファイナル優勝者には、

 

賞金5000ドル(日本円で50万円くらい)が授与されるそうです。

 

 

<ルール>

・カエルを、参加者自身で川や池で捕獲するなどして用意すること。

 

・カエルを触って跳ばす行為は反則となる。

 

・カエルを大声や手を叩いて驚かせ跳ばすなどの方法でジャンプさせ、その飛距離で勝敗が決まる。

 

 

測定は、三段跳びの飛距離のようです。

 

 

 

<豆知識>

この町、実は「トムソーヤーの冒険」を世に送り出した、

 

マーク・トゥエインのデビュー作、

 

「ジム・スマイリーと跳ね蛙」1985年。

 

この作品の舞台となったことでも有名です。

 

スポンサードリンク
 

<イッテQが挑戦!?>

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の大人気企画でカエル祭りに挑戦する。

 

挑戦するのは、もちろん「お祭り男」の名を持つ宮川大輔。

 

 

この番組で世界各国の祭りに参加し、そこそこ良い成績を出してきているだけに、今回も期待したい。

 

 

また、カエル祭りには意外に日本人も参加しているそうですから、非常に興味深い。

 

 

もし、機会があれば一度挑戦してみたいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
楽天リンク

 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク