ハワイにお城!サムライ牧師が設立したキリスト教会とは?

スポンサードリンク

ハワイにお城!

 

と言えば、ここしかないだろう。

 

 

「マキキ聖城キリスト教会」

 

まききせいじょうきりすときょうかい)

 

 

現在では多くの方々が訪れるスポットとしても有名だ。

 

 

<歴史>

サムライ牧師こと「奥村多喜衛」が、1894年にハワイに移民として渡った頃に開拓伝道を行い始めた。

 

その後、日系移民の信徒は増えて行き、1932年に会堂が完成。

 

スポンサードリンク
 

<サムライ牧師>

高知県出身、同志社大学神学部を卒業後、

 

大阪教会(現在の日本基督教団)で受洗したものを海外伝道しにハワイへ移住。

 

そこで目の当たりにした日本人移民の現状。

 

外国社会での劣悪な環境に苦しむ人々、農業従事者の過酷な労働環境、野放しにされている子どもたち・・。

 

その方々に人生をささげた牧師こそ、

 

「奥村多喜衛」

 

奥村牧師は、日系人の置かれている現状を肌で感じ、子供たちの為に「幼稚園」「小学校」「寄宿舎」を設立した。

 

 

また、太平洋戦争で日米関係が悪化する中で排日予防啓発運動を展開するなど、平和の為に尽くしてきた人でもある。

 

 

そのためか、太平洋戦争で多くの日系移民が迫害を受ける中、この教会はその弾圧に負ける事はなかった。

 

 

1983年には、福音交友会岸和田聖書教会で牧師をしていた、

 

「黒田朔」が現在の牧師として世の為人の為に尽くされている。

 

 

<ハワイ最大の日系教会!>

マキキ聖城キリスト教会は、現在も多くのクリスチャンが集うハワイ最大のキリスト教会となっています。

 

 

また、会堂が奥村牧師の出身地にちなんだ高知城の天守にそっくりであることから、

 

 

「ハワイの高知城」として有名のようだ。

 

 

<まとめ>

日本では、あまり知られていないサムライ牧師こと奥村牧師。しかし、近年その功績がメディアを通し、世間に伝わり有名な偉人の一人となっているだろう。

 

 

現代のように、何でも手に入り情報もすぐに知れる世界では無かった何十年にも前に、ハワイに渡りクリスチャンとしての道を貫き通した奥村牧師は、当時の現地の方々にとっては「神」のような存在だったのではないかと思ってしまう。

 

 

世の為・人の為」、現代に生きる私たちも助け合いの心を持っておくことが必要だと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・海外 タグ: , , パーマリンク