マシコピロ族の現在は?謎の部族とペルーは和解出来るのか?

世界には、未だ現代文化に接触していない部族が数多く、予測でも100以上と言われています。

 

 

そんな中、2012年頃スペインの考古学者により発見された部族がある。

 

 

「マシコ・ピロ族」

 

場所は、ペルーのアマゾン川。

 

スポンサードリンク
 

<マシコピロ族とは?>

未接触部族の一つであった。また、とても攻撃性が強く安易に近づくと弓矢などで攻撃してくる危険性があるという。また、実際に近隣の村では、攻撃を受け人的被害が出ているところも存在する。

 

 

マシコピロ族は、時に村などを襲撃し食料、衣類、道具等を奪いに行ったりと、非常に危険。

 

 

この、マシコピロ族から攻撃を受けたシペチアリ村は、言葉の壁やあらゆる面を考え関係を持つことを避けているそうです。

 

 

<攻撃性の強さ>

攻撃性については問題が山積みのようです。

 

釣りをしている人に弓矢で狙撃、道を歩いている人を狙撃、近隣の村を襲撃し強奪といったことが報告されている。また、興味本位か分からないがマシコピロ族を見に来た観光客に対しても容赦なく攻撃をしてくるという。

 

 

<ペルー政府の対策>

政府としては、まず周辺地域に危害を加わせない事や、マシコピロ族との交流をし互いに理解しあい共存できる方法を目指すようです。

 

 

<マシコピロ族の現在>

現在のマシコピロ族の推定人数は800人ほどと言われています。現在でも、先祖代々受け継ぐ生活を続けていると思われており、部族を知るには、まだまだこれからといったところ。

 

スポンサードリンク
 

<未接触部族との交流は危険?>

全ての部族が危険とは言えないが、やはりファーストコンタクトは危険を伴う。まず、初めに言葉の問題など考え出すときりがない。

 

また、現代人には変わりがないが生活している環境が大きく違うため、私たちが思いもよらぬ病気、例えばインフルエンザなど感染スピードの速い病原体などで部族全体の存続すら微妙になってくる。

 

 

<共存は可能?>

現段階について調べたが、共存に関しては微妙な空気が漂っている。それに、元々攻撃性のある部族なだけに共存は不可能に近い。

 

ペルー側は、なんとかしようと策をねっているようですが、答えはまだ見つかっていないとの事。しかし、人間を襲う部族なため、いくら言おうと攻撃するかもという人種が多いのではないでしょうか?

 

 

<まとめ>

今回、マシコ・ピロ族について調べて参りましたが、予想以上に危険性があると考えさせられました。そのため、現段階でもあまり接触が持てていない。今後、ペルー政府は如何なる方向で未知の接触部族とコンタクトをとってくれるのでしょうか?

 

果たして、この部族との和解は出来るのでしょうか?

 

あなたならどう思います?

 

 

今後の動向に注目です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 世界ニュース タグ: , , パーマリンク