香水に使われている臭い成分とは?スカトールとインドール。

 

多くの人々に愛用され、個人のアピールにも使用される「香水」。その力は、すれ違う人々を引き付ける力さえ持っていると言ってもいいだろう。

 

http://★今人気の香水を今すぐチェック!楽天リンク★

 

しかし、意外に知れていないのが香水の成分だ。特に今回は、いい匂いには考えられない成分があるので紹介しよう。

 

スポンサードリンク
 

<香水に使われる臭い成分>

 

「スカトール」

有機化合物の一種。人工的にも合成できるが、哺乳類の糞にも同じ成分があるため、そこから取りだすこともできる。

 

「インドール」

タンパク質の腐敗によって生じ、哺乳類の糞やコールタールの中にも含まれている化合物のこと。

 

(特徴)

上記のどちらも濃度が濃いと臭いのですが、低い濃度だとオレンジやジャスミンのような花の香りがするのだそうです。

 

そのため、香水やタバコの香料に使用されていたという。ですが、香水などに利用されるスカトールなどは、糞から抽出されたものは記録に無いようなので安心しておいて下さい。

 

恐らく、世間で臭い成分と言われているものは香嚢(ジャコウ腺)から抽出されたものかと思います。

 

スポンサードリンク
 

<まとめ>

調べていると、確かに香水には臭い成分「スカトール」や「インドール」が使用されている場合があるようです。しかし、その成分の調整を職人さんが入念に選別し調合した結果、私たちが好感の持てる香りになっている。

 

香水とは、自分の魅力をアップさせるための武器にもなり、不快な匂いを隠すエチケット的な役割もこなす、「目に見えないファッション」ではないだろうか?

 

あなたは、異性の香りに「ドキッ♡」とした経験はありませんか?ネットで調べていると、世間の3割くらいが一度はこのような経験があるそうです。

 

しかし、香水のつけすぎは逆効果のため注意しておきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 豆知識 タグ: , , , パーマリンク