黒いダイヤと呼ばれる魚「クロマグロ」高級魚についた最高値は?

海の中で「黒いダイヤモンド」と呼ばれる魚を知っているだろうか?

 

そう、誰もが知っているマグロだ。その中のクロマグロ(本マグロ)が黒いダイヤと言われており、昔から高級魚として広く知られてきた。

 

 

クロマグロの中でも、特に「大間産」は漁場の良さから高値が付くことで有名ですよね。

 

スポンサードリンク
 

そんなクロマグロの金額が跳ね上がる時があるのをご存じでしょうか?

 

 

それは「初競り」。

 

 

毎年恒例の築地市場での初競りには、私たちが想像も出来ない高値が付くことがある。その理由は、漁師の方々へのご祝儀も兼ねていると言われています。

 

 

<大間産クロマグロ最高値>

 

2013年

1億5540万円

 

思わず、えっ!!

 

と叫んでしまいそうな高値ではないだろうか?

 

 

また、2012年には5649万円という高値も出ており、まさに夢のある職業と言えるだろう。ですが、漁師の道は決して楽ではないので要注意。

 

スポンサードリンク
 

<なぜ大間産は高い?>

大間の海には、3つの海流が流れ込んでいるためプランクトンが非常に多く、それを餌とするイワシ・イカ・サンマなどが集まってきます。これらは、マグロにとって大好物であり主食でもあります。そのため、この海域でマグロは育ち最高の状態になるようです。

 

 

また「はえ縄漁」より、「一本釣り」で獲られたマグロの方が高値で取引される。

 

 

<豆知識>

・クロマグロの寿命は20年〜30年以上と言われている。

 

・最大3メートル、700キロ以上まで成長します。

 

・マグロは泳ぐのを止めると生きる事が出来ません。

 

 

 

さぁ、マグロが食べたくなった方!今日は、大盤振る舞いで「お寿司」でも食べに行っちゃいましょう🎶

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク