1100匹の猫と暮らすレディー、レニア・ラッタンジオさんの願いとは?

 

世界には、私たちの想像を超えることが多々ある。今回は、まるでアニメの世界かと勘違いしてしまいそうな仰天な暮らしをご紹介しよう。

 

アメリカ、カリフォルニア州に住む

レニア・ラッタンジオさん(67歳)。

 

スポンサードリンク
 

彼女は、なんと「1100匹の猫と暮らすレディー」として世界的に有名な方である。

 

 

レニアさんの凄いところは、猫のために自身の私物、車・結婚指輪など売りさばいてまで、猫のための保護区を設立したこと。その広さは約2万4500㎡の敷地という広大なものだ。

 

 

<なぜそこまでする?>

レニアさんは大の猫好きであることは間違いないが、動物の「」を最も大切にされています。そのため現在、野良猫や捨てられた猫のためのケージなし、殺処分なしという素晴らしい保護区「キャットハウス・オン・ザ・キングス」を運営中だ。

 

今では、レニアさんの考えに賛同したボランティアの方々やスタッフに恵まれ、このキャットハウスは順調に運営されているようです。

 

スポンサードリンク
 

<レニアさんの願い>

実は、単に猫が好きだから個人的に育てているということではないようで、真の願いは保護している猫達に新しい家・素晴らしい飼い主を見つけることだという。

 

そのため、ネットなどのウェブサイトで常に里親探しを行っているそうです。まぁ、誰でも猫を引き取ることは、もちろん出来ない様で、きちんとした審査を上決定されるようです。そのため、ここにいる猫たちは本当に幸せなのかもしれません。

 

 

<まとめ>

正確な数ではないが、レニアさんは24年間の間で約28000匹もの猫と暮らしてきているということで、間違いなく彼女は世界一猫と暮らしたことがある方ではないでしょうか?

 

 

それ以上に、これほどまでに動物の命を大切に守ってあげれる心の広さに心打たれますよね。

 

 

近年、虐待などのニュースが多々ある中、このような心温まる話は、とても嬉しく感じます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク