40年後の奇跡!韓国で生き別れた姉妹の再会。どんなドラマが?

 

「40年後の奇跡の再会」として、2015年大きな反響を呼んだ奇跡をご存じだろうか?

 

スポンサードリンク
 

米国(アメリカ)フロリダ州の病院に勤務する、ホリー・ホイル・オブライアンさん(46)とミーガン・ヒューズさん(44)の姉妹に起こった出来事だ。

 

 

<奇跡の再会までの日々>

姉妹は韓国釜山の孤児院で育ち、幼くして遠い米国の別々の家庭の養子になる。

 

それには深いわけがある。姉・オブライアンさんが韓国で産まれてすぐ母親が病気のため他界。その後父に育てられる。間もなく父親が再婚しその再婚相手との間に産まれたのが妹ヒューズさんだった。

 

しかし、再婚相手は酒癖の悪かった父親に愛想をつかしてしまい、妹だけを連れて家を出ていってしまう。こうして2人は生き別れとなってしまう。

 

その後、さらに悲劇は続きアルコール依存の父が不慮の事故で他界。姉妹揃って、様々な環境のもと、最終的に孤児院での生活を余儀なくされたそうです。

 

 

<奇跡への光>

姉のホリー・ホイル・オブライアンさんは9歳のときにアメリカ・バージニア州の養父母に引き取られたそうです。その後、どうしても妹の所在が心配でたまらなくなり、孤児院を含め、様々な手段を試みたようだが消息は分からなかったという。

 

その頃、妹はアメリカのニューヨーク州の養父母に引き取られていました。これは偶然なのか?互いにアメリカに居たんです。

 

スポンサードリンク
 

<奇跡の再会>

その再会場所となったのが、姉が2015年から働き始めたフロリダ州の病院。そこに偶然、数か月後に妹が働き始めたそうなんです。

 

しかし、幼い頃に生き別れた二人。初めは、友人のような感覚だったそうですが親しくなり、互いの生い立ちについて語るように・・・

 

すると、二人の生い立ちがあまりにも類似するので、

二人は思い切って「DNA鑑定」を受ける事に。

 

その結果、二人が姉妹であることが証明されたというのです。

 

 

<世間の反応>

・こんな奇跡はそう起こらない。

・神様は存在する。

・再会できたことに涙が出た。

このように、この奇跡の再会を称えるコメントが相次いだそうです。

 

 

<まとめ>

この不思議な運命の話を聞いていると、やはり運命ってあるんだなと感じる。あなたも、何かを諦めたりしていませんか?

 

何事も信じて、夢を追いかけて生きていけば、必ず運命の道があるはずですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・海外 タグ: , , , , パーマリンク