青森熱愛のイカメンチの発祥は?どこの名産?美味しいと話題の「いがめんち」

 

青森県民が愛してやまない揚げ物

「イカメンチ」

その名の通り、イカのメンチカツのようなものである。

 

イカメンチの作り方に関しては、ネット上で非常に多くのレシピがあるのでお好みに合ったイカメンチを作ってみるといい。

 

そんな美味しいと話題のイカメンチ、どこの名産なのだろう?

 

調べてみると、どうやら青森県弘前市や静岡県熱海市などの名産のようです。

 

スポンサードリンク
 

<イカメンチ発祥は?>

終戦直後に津軽地方で生まれたと言われています。

昔は、弘前市のような内陸の都市ではイカが貴重な海産物の一つで重宝されていたそうで、刺身や煮物をする際に出るミミや足(ゲソ)を美味しく食べる為に生まれた揚げ物だという。

 

現在では、青森などを中心にソウルフードとして親しまれているイカメンチ。

 

それが生まれたのは、先人たちの「余すところなく使う」という気持ちが生み出した食べ物と言っていいだろう。

 

また、世間ではイカメンチと呼んでいるようだが、昔からの呼び名は「いがめんち」と言うそうです。

 

 

<美味しさの秘訣>

いがめんちの特徴は、イカゲソの「コリコリっ」とした食感と、野菜の旨味が奏でる味わいが特徴的です。

 

現代の作り方は、よくイカを練りものにし更にイカの味わいを高めているものが多く最高に美味しい。

 

ちなみに、昔から伝わる従来の「いがめんち」は、残ったイカの足(ゲソ)を包丁で叩いて、家庭で余った野菜と一緒に小麦粉に混ぜて形を整え、鉄板に油を多めに敷いて焼いたものだそうです。

 

 

<イカメンチを食べよう!>

★イカメンチを今すぐチェック!楽天★

<まとめ>

今でこそ、ソウルフードと化したイカメンチであるが、実は津軽地方の先人たちが知恵を出して作り上げたものだったんですね。

 

イカメンチは、作り方も非常に簡単で誰でも手軽に出来ますので明日の夕飯の献立に入れてみてはいかがですか?

 

また、ネット上でも手軽に購入可能ですので一度食べられてみて下さい!

 

きっと、その美味しさに驚きハマってしまいますよ!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

楽天リンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: グルメ タグ: , , , パーマリンク