ウイングスーツの冒険家「ジェブ・コーリス」は空飛ぶ超人の夢は?

ウイングスーツの冒険家

「ジェブ・コーリス」

 

世界的にも有名な鳥人間とでも言えるのではないだろうか?

 

彼の特徴は「ウイングスーツ」という特殊な、動物で例えると「ムササビ」のような装備を着用し、いたる所でダイブすることだ。

 

スポンサードリンク
 

そんなジョブさんは、常に恐怖に立ち向かい強靭な精神力で過去には、高さ2100メートルの断崖絶壁からダイブし、その時の時速は200キロを超えると言われています。

 

しかし、何故そこまで身体を張って挑戦し続けるのだろう?

 

それには、ジョブさんの幼い頃からの夢が深く関係しているようです。

 

ジョブさんは、とある海外の番組で幼い頃からの夢を自ら語っている。その時のコメントを抜粋して紹介しよう。

 

 

<ジェブ・コーリスの夢>

「空を飛ぶこと、それは僕の夢でした。5歳のとき鳥が羽ばたくのを見て、大きくなったら自分も飛びたいと思っていたんだ。みんなはそんなの無理だって呆れていたけど、飛んでみせるって思ったよ。」
(ジョブコメント)

 

<ダイブした有名な場所>

パリのエッフェル塔

マレーシアのペトロナスタワー

コルコバードのキリスト像(ブラジル)

 

特に、ブラジルのキリスト像を飛んだ時の印象を、こうコメントしている。

 

ジョブ「ヘリコプターからジャンプして、そのキリスト像の脇の下を飛んだんだ。普通ではまず見ることができない角度から、あのキリスト像を見たよ」

確かに、普通じゃ見れない角度から眺めている事は間違いない。

 

スポンサードリンク
 

<まとめ>

空飛ぶ超人とまで言われているジョブさん。彼の挑戦・幼い頃からの夢を追い求める日々は終わる事を知らない。彼のパフォーマンスは世界を魅了し続けているが、身の危険は尋常じゃない。もし、障害物に接触でもしたら重大な事態になる事は免れないであろう。

 

それでも、自らの夢を追い求める姿は世界からも注目度は高い。

 

ジェブ・コーリスの生き方を見ていると、

 

「夢はあきらめない」

 

この言葉が非常に似合っているように思える。何事にも恐れず挑戦し、結果を考えずに行動する。世間の多くの方が「守りの人生」を望んでいると言われるご時世、彼のような「攻めの人生」も悪くないお個人的には感じる。

 

空飛ぶ超人のように、一度きりの人生やりたい事を大いに楽しんでもいいのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク
 

この記事にも注目⇓⇓⇓

マレーシア特殊部隊GGKの入隊試験とは?

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク