幻の魚「ヨコハマ」の正体はマガレイ?かつて徳川将軍も愛した高級魚。

 

今や絶滅しかけているという幻の高級魚

「ヨコハマ」

 

かつて徳川将軍も愛したと言われており、現在でも大人気の高級魚である。

 

スポンサードリンク
 

<正体は?>

幻の高級魚「ヨコハマ」の正体は、

 

「真鰈(マガレイ)」

 

カレイ目カレイ科に分類される魚の一種です。

 

また、地域ごとで名称が違うので注意しておこう。

 

 

<生息域>

北海道全沿岸

青森県〜長崎県の日本海・東シナ海沿岸

青森県〜福島県の太平洋沿岸

瀬戸内海兵庫県高砂・加古川

渤海〜東シナ海北部

朝鮮半島南岸・東岸〜間宮海峡の日本海沿岸

サハリン南東岸〜千島列島南部など。

 

<旬は?>

秋、冬、春

 

<主な産地(カレイ類)>

北海道

青森県

山形県

新潟県

島根県

兵庫県

福島県

宮城県

山口県

 

他にもあるが、主な産地としては以上のようだ。また、ロシアからの輸入も多いようです。

 

 

<食べ方>

刺身、煮つけ、唐揚げ、ムニエル、塩焼きなど。

 

スポンサードリンク
 

<まとめ>

カレイと言えば、一度は食した事があるのではないでしょうか?

 

しかし、国産の新鮮なカレイを食べようと思うと非常に高価で手が出しにくい。国産のモノで安値と言えば「水カレイ」などがあるが、やはり味に差が出てしまう。また、スーパーなどで均一セールで出されている「黄金カレイ」や「カラスカレイ」などは輸入物だ。

 

また、現在日本には80種類以上もカレイが生息しているとされています。その中でも知名度が高いのが「マガレイ」と「イシガレイ」で、国内の沿岸のいたる所にいます。海釣りで釣れるカレイの多くも、どちらかと言えそうです。

 

ですが、近年その数が何らかの原因で激減し、絶滅するのではと懸念されています。

 

ホントに美味しい魚種なので、一旦保護し生息数が増える方法を考えてもらいたいものです。

 

<豆知識>

「ヨコハマ」の由来について述べておこう。

時は明治時代ごろ、イギリスの動物学者が横浜の港でマガレイを捕獲。日本では馴染みのあるカレイだが、イギリスの人にとっては珍しかったようで、カレイを標本にし、持ち帰ったそう。

 

その後、カレイを分類し、発見した場所の横浜を用いて学名を「ヨコハマ」と付けた。というような話が残っているようです。

 

ちなみに、その学名は

「Pleuronectes yokohamae」

なんか、横文字でカッコよく見えますね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク