サンプライズ三ちゃん、めちゃイケメンバー不合格、プロのお笑い芸人の壁。

 

通称「三ちゃん」こと三中元克(さんなかもとかつ)。

通称「Kan」こと臼杵寛(うすき かん)。

 

スポンサードリンク
 

この二人による、お笑いコンビ「サンプライズ」が、2月27日放送の「めちゃ×2イケてるッ!生放送スペシャル!」で、三ちゃんのめちゃイケメンバーの座をかけて本気のネタを披露し再オーディションに臨んだ。

 

なお、今回の審査は番組側ではなく視聴者の方々の投票により合否が下るという、新しいスタイルで決められた。

 

ネタの内容は「みちのくプロレス」での三ちゃんの自虐ネタ。

 

国民投票総数約63万票の結果、惜しくも不合格しめちゃイケメンバー卒業となった。現場にいた誰もが合格すると思っていたのか会場は番組終了までどよめいていた。

 

生放送で会場にいた誰もが、ハッピーエンドを描いていたのかもしれないが、世間の目は厳しかったようだ。

 

しかし、これが現時点のコンビとしての実力と思い、これからの芸能活動に生かしてもらいたい。

 

 

三ちゃんといえば、2010年の同番組「めちゃイケ新メンバーオーディション」で唯一素人でありながら合格した逸材。当初は、プロでは真似できない素人ならではの仕草で世間を笑いの渦に巻き込んだ。

 

また、相方の臼杵さんは「歌って踊れるイケメン芸人」と以前から言われており、文句の言いようがないほどのイケメンだ。

 

「三ちゃんの面白さ」

三ちゃんは、イジられると面白さが爆発するタイプのような印象。とくに、ピンで披露していた「ジョーズからの工藤静香」は面白かった。

「Kanの面白さ」

ちょっと自信なさげなツッコミ。まだ、プロとして一歩を踏み出したところなので仕方ないが、逆に面白さがある。

 

スポンサードリンク
 

<まとめ>

まだまだ、駆け出しの2人。コンビとして今後、どのように進化していくのか楽しみだが、プロとしての道は険しいので頑張ってもらいたい。

 

めちゃイケメンバーは卒業となってしまうのかもしれないが、これをバネに芸人として一皮むけた姿をまたみせてほしい。

 

また、この二人は高校の同級生ということで昔から仲が良かったようです。これから、笑いの技術をどんどん磨き、他のコンビには真似できないものを作っていってもらいたい。

 

そんなサンプライズの今後に大注目ですね!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク