実写版「天才バカボン」の主題歌はタモリ!なぜ?オカリナも出演!

 

赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」が、2016年3月に実写化されることが決まっています。

 

このドラマ、おかずクラブのオカリナがバカボン役を務めるとしても話題になっている。ですが、さらに主題歌を歌うのが、タモリさんだというからビックリ。

 

バカボンの主題歌と言えば、

「西から昇ったおひさまが東へ沈む♪」

「それでいいのだ~🎶それでいいのだ~🎶」

「天才バカボン♪バカボンボン🎶」

 

スポンサードリンク
 

アニメ版では有名なテーマソング。そんな主題歌をタモリさんが歌うとどうなるのだろう?また、曲中の合いの手もすべてタモリさんが歌い、原曲の完コピを実現しているんだとか。

 

なぜ?タモリさんだったのだろうか?

これには、栗原甚氏(プロデューサー)の強い要望があったと思われます。

 

実際にコメントでも、

「せっかくだから主題歌にもこだわって、とにかくスペシャルな方にお願いしたい!」と言われており、きっと赤塚不二夫と深い縁のあるタモリさんだと決めていたのでしょう。

 

 

タモリさんは、そのオファーを受け、レコーディングの際はオッケーにも関わらず「もう1回、あの部分を歌い直したい」と自信が納得するまで歌い続けたという。

 

それだけ、感謝してもしきれない思いがあったのかもしれない。

 

また、その縁の深さは、赤塚不二夫さんの告別式での弔辞でただならぬ縁が2人にはあると確信したのを覚えている。その時タモリさんは涙ながらに、

 

「私はあなたの数多くの作品の一つです。」

 

と、読み上げた。

 

実は、タモリさんが芸能界に入り大成功を収めたのも赤塚不二夫さんあってのものとまで言われているほど。

 

スポンサードリンク
 

<キャスト>

バカボンのパパ(上田晋也)

バカボンのママ(松下奈緒)

バカボンの弟(早坂ひらら)

バカボン(オカリナ)

レレレのおじさん(小日向文世)

おまわりさん(高嶋政伸)

 

 

<まとめ>

何かと話題性のある実写版天才バカボン。お笑いアニメとして不動の地位を確立しているマンガだけに、その期待度は凄まじい。それにしても、タモリさんの歌声はなかなか聞く機会がないので個人的に楽しみだ。

 

このドラマをキッカケに、アニメ・マンガの再ブレイクにも注目しておきたい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

http://★バカボングッズを要チェック!!楽天★

 

こちらの記事も要チェック!!

早坂ひらら、バカボンの弟・はじめちゃん役に!!演技力は?

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 未分類 タグ: , , , , パーマリンク