北木島、「石の島」と呼ばれるほど有名!北木石が使われている場所は?

 

岡山県笠岡諸島の中央に位置する「北木島(きたぎしま)」。手つかずの自然が残り、都会を離れてリラックスするには最適な場所。

 

スポンサードリンク

 

また、この島「石の島」としても有名なんです。古くは江戸初期、あの大阪城修築の際に大量の石垣石を送り出している記録もあるんだとか。

 

その「北木石」は、昔から「北木御影石」で知られており重宝されている。そんな北木石を使用した構築物には次のようなものがある。

 

<北木石が使用されている構築物>

・東京の日本銀行本店

・三越本店

・日本橋

・靖国神社大鳥居

 

スポンサードリンク
 

また、その美しい北木石を採るために深く掘られた穴(隙間)に、雨水が溜まり、石の切れ目を縫うように草木が生え、まさに神秘的な風景が創りだされているそうです。

 

北木島は神秘的でありながら、深い歴史を併せ持つ奇跡の島なのかもしれません。

 

※ここで、知らない方の為に、北木島出身の有名人をご紹介しておきます。それは、お笑い芸人「千鳥」の大悟さんです。知ってましたか?

 

<まとめ>

この島、どうしても「石」のイメージが強く感じるが、他にも海に囲まれた島ならではの「魚介類」も有名です。観光としても人気の高い島だが、漁業も盛んで、新鮮な魚介類を求めて多くの方が来島している。

 

歴史を勉強し、自然に癒され、美味しいモノを頂く。まさに夢の時間を提供してくれるパーフェクトなアイランドではないでしょうか?

 

私が紹介した意外にも下記のような少し変わった風習といいましょうか、古くから残る島の中の出来事なんかも非常に興味深いものがあります。

 

※関連記事はこちら⇓⇓⇓

5つの顔を持つ島「北木島」。どんな顔を持つのか?

 

 

みなさんどうですか?少し北木島の事気になりますよね。気にならないと言う方も、きっと一度行けば、風景を見ているだけで体の疲れが癒されているように感じると思いますよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク