火星移住計画は実現できる?火星ライフで人体に影響はある?ない?

 

「人類火星移住計画」

 

みなさん聞いた事ありませんか?実は、この計画すでに始まっているのです。当初の予定では2030年頃には100万人規模の移住を計画されており、それに向けて着々と計画が進行している。

 

少し前、米国航空宇宙局(NASA)がオランダの非営利団体「マーズワン」と提携し、火星への移住希望者を募集したのはご存じだろうか?

 

スポンサーリンク
 

なんと、その応募には世界中から20万人以上集まったという。その応募した方の中から、人類最初の火星移住を果たす人が誕生することになる。これには、日本人も多く参加しているという。二次審査で100名まで絞り、最終選考を通過した24~40名ほどの人員が火星移住のためのトレーニングを行うという。

 

その後、2018年には火星へ物資輸送を開始。早ければ2025年には、先陣をきって4人が人類初となる火星移住をすると思われ、その後2年おきに4人ずつ移住していく予定だという。

 

 

しかし、火星での暮らし「火星ライフ」は大丈夫なのだろうか?

 

スポンサーリンク
 

<人体への影響>

多々あるので説明していこう。

 

「火星はほとんど真空状態」

宇宙服を着用せずに外出することは難しいようだ。もし、出てしまうと体内の水分が徐々に蒸発し干乾びてしまう可能性がある。

 

「火星の平均気温」

平均気温は約マイナス43度といわれている。

 

「火星の土壌」

「赤い惑星」と言われる火星だが、この名が付いたのは火星の赤い荒野の土壌。こ土の成分は、危険な過塩素酸塩(かえんそさんえん)を含んでいる事が調査で分かっているようだ。

 

※過塩素酸塩(危険物第一類に該当、過熱や衝撃、摩擦を加えると燃焼し爆発する強力な酸化剤)とされている。

 

 

「重力」

地球の約38%しか重力のない。そのため、筋力の著しい劣化や、免疫力の低下により骨租そしょう症など様々な病が引き起こされるかもしれない。

 

スポンサーリンク
 

<まとめ>

人体への影響は、上記で述べた意外にも多々ある事は間違いないと思われる。何故なら、人類の未知なる領域なのですから。これから本格的に進んで行きそうな計画、果たして火星移住計画は実現できるのだろうか?今後の動向に注目したい。

 

また、今回のプロジェクトに参加し、火星移住する方々の決意には凄いの一言だ。

 

「火星への片道切符」

 

二度と地球に戻れないと考えると、あなたは行けますか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こちらの記事も要チェック⇓⇓⇓

火星移住計画の理由に、地球が「氷河期」に突入する可能性?

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク