読み書きができない。「ディスレクシア」ハリウッドスターにも?誰?

 

「読み書きができない」、などの問題を抱える病の一つ。

 

ディスレクシア

 

脳の障害の一つで「学習障害」の一種だとされている。

 

スポンサーリンク
 

実はこの病、超有名なハリウッドスターも公表している病としても有名だ。気になる方の為に主な有名人をご紹介しておこう。

トム・クルーズ

キアヌ・リーブス

ジェニファー・アニストン

スティーブン・スピルバーグ

世界的にも有名な方々であるが、自らディスレクシアと公表されている。

 

また、歴史上名を刻まれているトーマス・エジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アルベルト・アインシュタイン、ジョージ・パットンも、ディスレクシアだったとされているようです。

 

 

関連記事⇓⇓⇓

ディスレクシアの症状とは?対策はある?

 

<注意>

ディスレクシアの症状は、主に読み書きが困難な症状が多いようだが、それだけではないようです。

 

 

<まとめ>

ディスレクシアの人々は、「通常の人々とは異なる脳の領域」を使っていると考えられており、そのためスムーズな文字の読み書きが行えないと言われている。しかし、この病を理解していない一部の方は「読めないの?」「書けないの?」など、中傷的な言葉を言う方がいるようで、特に子供に対しては「なんで覚えれない?」などと勉強に対してや、日々の暮らしの中でも強く言ってしまう傾向があるようです。ですが、何かおかしいと思った場合は、まずは専門医を受診することが良いでしょう。

 

 

脳の障害、特にディスレクシアは普段の知的態度などでは判断できない場合が多く、一人で悩んでしまう事が多い病と言われている。そんな状態で周りから攻められると精神面までもが崩壊する可能性がある。この病に重要なのは、「周囲の認識・支え」が非常に大事だと私は考えております。

 

※日本では、現在のところ、ディスレクシアに関わる研究があまり進んでおらず、社会的な実態調査や実情の把握自体がなされていない状況のようで、特に成人のディスレクシアの判定法については確立されていないという状況。それほど難しい病なのかもしれません。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク