ベッキーの今後は?出演番組した番組への苦情が多数!?引退説は本当?

美人・清楚タレントとして活躍されていたベッキー(31)。もう世間では知らない人がいないと言っていいほどの衝撃を与えた騒動。某週刊誌で報じられ約1カ月、このスキャンダルの嵐は止むことを知らない。

 

 

1月28日発売の週刊誌には「レッツ・ポジティブ!」という新たな二人の合言葉など、複数の情報を載せているようだ。

 

 

果たして、ベッキーの今後はどうなって行くのだろう?

 

 

<出演CM>

10本ものCMを抱えていたのだが、その契約もほぼ打ち切りと言う最悪の事態。調べてみると、事務所の違約金は5億円にも上るんだとか。

 

 

<出演番組>

数多くのレギュラー番組を抱えているが、今後どうなるかは分からない。ここでポイントになってくるのが、番組の改編期である3月が気になるところだ。

 

 

<苦情>

1月21日に放映された、ベッキーのレギュラー番組『モニタリング』(TBS系)。この番組が放送された後、なんと!1000件を越える苦情が殺到したことが明らかになっているようだ。

 

 

<引退説>

やはり、メディアに出る以上タレントの「イメージ」は重要不可欠。そこが崩れてしまうと修正は非常に困難なものになることは言うまでもない。今回のスキャンダルは、とんでもない破壊力を放ったといえる。一部の業界関係者の方々からは「ベッキー引退説」が現実を帯びてきたなどと囁かれているようです。事実かどうかは分からないが、一連の報道を見ても可能性は高いのかもしれない。

 

また、調べていると興味深いものがあったので紹介しよう。

 

関係者の話によると、

「好感度やイメージのみで勝負をしてきた、まさに“タレント”そのもの。それがここまで立て続けにスキャンダルを報じられてしまっては、もはや存在意義さえ危うい状態です。とりあえずレギュラー番組の改編期でもある4月でいったん休業させるか、あるいは本人次第では引退させる可能性も浮上していますね」とコメントあり。

 

スポンサーリンク

 

<まとめ>

個人的ではあるが、やはり社会に出ると「イメージ」は非常に大事。人に与える印象は、最大の武器であり、弱点でもある。印象が悪いから良くなると強いが、逆に良いから悪いになると、元に戻すのが難しい。今回は、難しい方なので、ベッキーの忍耐がどれだけ持つかが、気になるところだ。

 

人生には、様々な困難があるでしょう。人生の分かれ道をどう判断するかは自分しかいません。大切なのは、自分で決めた道を突き通す事です。ベッキーには誰に言われようと、決めた道をまっすぐ進んでいってもらいたいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 有名人恋愛 タグ: , , , パーマリンク