「世界から猫が消えたなら」主題歌を歌う大注目の新人HARUHI(ハルヒ)!

 

ベストセラー小説

「世界から猫が消えたなら」

 

楽天リンク

 

このたび、映画プロデューサー・川村元気の手により映画化されましたね。映画としても非常に大注目の作品となっているが、この作品のショートムービーを観た方々から、

 

「主題歌を歌っているのは誰?」と言った問い合わせが相次いでいるようです。これについて調べてみたので紹介していこう。

 

 

<主題歌>

「ひずみ」

 

歌:HARUHI(16歳)

 

 

<歌の感想>

主題歌「ひずみ」の曲も最高だが、何よりも歌声が美しい。一見、女性のような高い声のような印象を受ける。それほど透き通った歌声なのです。

 

スポンサーリンク

 

<映画ストーリー>

余命わずかな30歳の郵便配達員の青年の前に、自分とそっくりな悪魔が姿を現わす。その悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという物語。

 

電話・映画・時計・猫など大切にしてきたものが次々と失われていく中で、青年は元恋人と再会を果たし、かつて付き合っていた頃の想いや別れの時を思い出していく。親友や疎遠になった父の想いにも触れ、亡き母が残した手紙を発見した青年は、人生最後の日、ある決断を下す。

 

 

<キャスト>

佐藤健

宮崎あおい

濱田岳

奥野瑛太

石井杏奈

奥田瑛二

花田美枝子

 

 

<スタッフ>

監督:永井聡

原作:川村元気

脚本:岡田惠和

プロデューサー:春名慶

音楽:小林武史

 

 

<公開予定日>

2016年5月14日より全国ロードショー

 

 

<まとめ>

人気俳優と女優の共演、「いま、会いにゆきます」などの大ヒットを持つ岡田惠和が脚本を手がけ、「ジャッジ!」のメガホンをとった永井聡監督が加わり、更に人気音楽プロデューサー小林武史が音楽を担当するという、今まさに最前線を行く方々が手掛ける映画とあり、その注目度は計り知れない。

 

 

そんな映画にベストマッチな歌声を放つ大注目の新人HARUHI。この映画の主題歌「ひずみ」でデビューされるようなので、今後の彼の活躍に期待したい。一度HARUHIの歌声を聴いたら、その美しく優しい歌声に心奪われること間違いなし!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています!!

 

 

HARUHI、映画主題歌「ひずみ」でデビュー。何歳?歌唱力がヤバイ!

 

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , , パーマリンク