白神山地の「幻の水」の成分は?世界遺産から湧き出る水!?買える?その場所は?

世界遺産にも登録されている「白神山地」。そこに湧き出る「幻の水」が今、話題になっている。

楽天リンク

<成分>

白神山地の水の1000ml当たりの栄養成分は以下の通り。

ナトリウム0.2mg

カルシウム0.05mg

マグネシウム0.05mg

硬度(CaCO3) 0.2mg

熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物等は0となっている。

 

 

<世界遺産から湧き出る水とは?>

世界最大級のブナの原生林として世界に認められた森林。この木々たちが天然のダムと言われるほど保水力に優れた環境を作り出しているのかもしれない。そこに降った雨は、地表を覆うブナの葉土に貯えられ、長い時間をかけて地下に浸透するようで、その後「森林土壌フィルター」により不純物が取り除かれ、清らかな水となり再び地表に出てくるようだ。その自然の工程を終えて出来た水だと言われています。

 

 

<場所>

青森県南西部から秋田県北西部にまたがる面積約130000ヘクタールの山地。

 

 

<買える?>

ネットで購入可能です。

 

日本の超軟水おすすめ3選をご紹介!!

 

 

<まとめ>

白神山地の水は「超軟水」で弱酸性。そう聞くと、多くの方は「弱酸性の水は身体に良い!」と思うのではないだろうか?また、酸素が多く含まれているらしく「まろやかな飲み心地」と評判のようです。さらに、余分なミネラル等が含まれていない為、赤ちゃんからご年配の方まで、体に負担をかけることなく安心して飲める水としても注目を浴びている。他にも、美容・健康にも優れた「水」として人気がある。身体にいい水というのは間違いなさそうだ。

 

 

私も以前一度飲んだことがあるが、「美味しい!!」と言うよりは、体に浸透するような印象でした。水の味については、いろんな方が語られているが私は「匂い」くらいしか分からない。私自身、数え切れないほどの天然水を飲んできたが白神山地の湧水は5本の指に入るくらい良い水だと感じました。

 

 

また、ネットなどで調べていると「コーヒー」や「お米を炊く」時に使用すると、美味しくなると話題になっていました。

 

 

やはり「幻の水」と言われるだけの事はありそうです。さて、まだ飲んだことない方さっそく一度ご賞味あれっ!!

 

※豆知識
日本には800種類以上の様々な水があるそうです。

 

あなたは、日本の水をいくつ知っていますか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , , パーマリンク