成人式2016新成人は何人?成人の日とは?行く意味は?

 

2016年1月11日(祝日)

今年も「成人の日」を迎え、新たに大人への第一歩を踏み出す成人式が各地で行われますね。しかし、近年少子高齢化により新成人の数も年々減少傾向にあるのはご存じの事でしょう。果たして2016年はどうだろう?

 

スポンサーリンク
 

<2016年新成人は何人?>

総務省統計局が発表した2015年12月31日、2016年1月1日現在における「新成人」は121万人との推計となっており、残念なことに新成人の数は去年2015年と比べ5万人減った値となっている。

 

 

新成人の数は、1970年頃をピークに減少したが一旦1994年に向けて増加。しかしその後は、減少の一途を辿っている。これは日本国として重大な事であり最優先に考えなければならない事と言える。

 

 

だが、希望の光があるとすれば2015年の出生数が5年ぶりに増加した事です。

 

詳しくはこちら⇓⇓⇓

2015年の出生数、2016年はどうなる?

 

 

2016年の新成人121万人内訳としては「男性62万人」「女性59万人」と、男性は女性より3万人多いという。

 

スポンサーリンク
 

<成人の日とは?>

「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としている日。誰もが知る国民の祝日としても有名。

 

 

<行く意味は?>

成人の方以外にも「行く意味」に疑問に持つ方、意外に多いのではないでしょうか?

実際、成人式の会場に行っても何もする事無いですしね・・・。

 

 

そうなると結論は、

 

「どっちでもいい。」

 

行きたい人が行けばいい。行きたくない人は無理して行く必要はないでしょう。

 

 

ただ、行く意味があるとすれば「大人としてのケジメ」という、決意を表す為ではないでしょうか。また小・中・高学校で共に過ごした友達と集まれる数少ない場所でもある。

 

 

何より私が参加した理由は経験。

 

 

「一生に一度」

 

 

一生涯に1度しかない晴れ舞台に参加すること。これが私を大きく動かしましたねこの時。いつでも行動すれば経験出来るものは多々あるが、このような行事は滅多にない。この考えは一つあってもいいと思いますよ!人生を生きるに置いて。

 

 

 

少々雑談が多かった気もしますが、2016年に成人になられる方、並びにそのご家族の未来が明るくなることを願っております。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こちらの記事も合わせてチェック!!

成人の日!2016年ラッキーカラーを身に着け運気アップ!!

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , パーマリンク