腸内フローラってなに?腸内細菌パワーを効果的にする方法は?ダイエットにも効果的!?

 

雑誌やテレビで聞いた事あるかと思うが、いま健康・ダイエットに効果的と大注目の「腸内フローラ」ってご存じでしょうか?

 

 

<腸内フローラって何?>

腸内フローラを詳しく言うと、「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれています。私たちの腸内には実に多くのの細菌が存在している。存在していると言うよりは共存していると言った方が正しいかもしれない。そんな腸内菌の数は1000種類以上存在しており個数は600~1000兆個とも言われ重量にすると1kgを超えるという。

 

特に回腸(かいちょう)小腸から大腸にかけて、多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりを作っており、そんな細菌がギッシリと腸内に壁面を作って生息している状態の事を腸内フローラと呼んでいる。

 

スポンサーリンク





 

<健康管理・ダイエットにも効果的>

実は、腸内細菌は人それぞれ違いがあり、太る体質・痩せる体質の違いは腸内細菌あるとまで言われている。

 

  • 健康な人の細菌の割合

善玉菌:20%(良い作用)

悪玉菌:10%(悪い作用)

日和見菌:70%(どちらの働きもする菌)

 

これが平均的な割合とされている。

 

 

日和見菌と・・善玉菌が優勢だと良い働きをし、悪玉菌が優勢だと悪い働きをする菌。

 

 

その割合を見てもらえば分かるだろうが、日和見菌が半数以上を占めていることから、最近の研究により免疫系・精神状態など様々なところに影響を与える、とても重要なものだということが分かってきています。それにより腸内フローラのバランスが崩れ、「肥満菌」と言われる特定の細菌が増える事も分かってきており、これが太りやすくなる原因ということが解明されつつあるようです。健康管理とダイエットに必要なのは腸内環境を整えることが一番と言えそうです。

 

 

<腸内細菌パワーを効果的にする方法>

ここで大事になるのが「食事」。

 

1、ビフィズス菌・乳酸菌を含む食品を摂る。

腸内環境に良い菌を腸内に直接摂取する。しかし、腸内まで生きた菌を届けるのは難しいのだが途中で菌が死んでしまっても、善玉菌を増やすのに有効な生理的機能が期待できるといわれている。

 

※ビフィズス菌や乳酸菌の含まれる食品例

味噌・醤油・漬物・納豆・ヨーグルト・チーズなど

 

 

2、オリゴ糖・食物繊維を含む食品を摂る。

これらは、消化・吸収されることなく大腸まで達し、善玉菌のエサとなって増殖を促してくれる作用がある。

 

※オリゴ糖

大豆・タマネギ・ごぼう・葱・ニンニク・アスパラガスなど

※食物繊維

海藻・いも類・豆類・こんにゃくなど

 

 

上記のような食べ物を食べ腸内環境を整える「腸育」を心掛けることが、腸内細菌パワーを最大限に発揮させる方法だと思われます。

 

 

最近の若い世代に「ジュースクレンズ」という方法もあるようなので是非チェックしてみよう!!やはり、身体の事は中からやっていく事が大切なのかもしれません。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事もチェック!!

ジュースクレイズのやり方・作り方!?話題のダイエット法をチェック!!

 

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク