幻の金貨「ロイヤルコイン」とは?価値は?船が沈んだバミューダトライアングルとは?

 

みなさんは、「伝説」というものを信じますか?今回、その中でも凄い価値があるものを紹介しよう。

 

スポンサーリンク





 

幻の金貨

「ロイヤルコイン」

 

 

<ロイヤルコインとは?>

スペイン王の伝説の秘宝。スペイン王たちのために作られた「世界にわずか50枚ほどしかない伝説の金貨。」そのうち発見されているのは数枚程度。他の金貨と比較しても、大きさや形状は比べものにならないほどのクオリティの高さである。そのためトレジャーハンター界の中で「最も価値のあるお宝」だと言われているようです。

 

 

 

そんな幻の金貨を乗せていたのが、スペイン財宝船(1715年沈没したスペイン財宝船団)と言われており、「バミューダ海」に沈没し200億円以上のお宝が海底に沈んだとされている。バミューダ海域には「魔の三角地帯(魔のバミューダトライアングル)」という場所が存在しており、そこで沈んだようだ。

 

スポンサーリンク
 

<バミューダトライアングルとは?>

米国の「フロリダ半島」「プエルトリコ」「バミューダ諸島」を結ぶ三角形の海域の事。この場所は、気象の変化が激しくハリケーンなどが多く発生し「世界でも有名な魔の海域」として知られているほど。フロリダ沖は現在、それにちなんでトレジャーコースト(財宝海岸)と名付けられているほど危険な海域だと言える。

 

 

<ロイヤルコインの価値は?>

さて、気になる一枚の価値だが、1枚なんと!?

 

1億円!!

 

 

なんと、1枚だけで1億円以上もの価値があるとされており発見できると、とんでもない億万長者になれる力を秘めている模様。

 

 

 

発見できればの話だが、1715スペイン財宝船団が沈んだのは約300年前とされており、またロイヤルコイン自体は数センチと極めて発見は難しい。

 

 

果たして、300年の時を経て現代にその姿を現すのでしょうか?期待したい。

 

 

 

この記事を読まれた方はこちらもチェック!!

1715年に沈没したスペイン財宝船団は何故沈んだ?

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク