30代の出産が増加!?理由は?2015年統計。2016年はどうなる?

 

いよいよ年が明け2016年。近年、少子高齢化社会と言われ、今後さらに加速していくとも言われている中、2015年の赤ちゃんの出生数が増えたという情報が入りました。

 

 

厚生労働省が1日付で、人口動態統計の年間推計を発表。

 

それによると、2015年に生まれた日本人の赤ちゃんは100万8000人。ちなみに、2014年は100万3539人。なんと、5年ぶりに増加したそうです。

 

 

出生数といえば、1971~1974年に200万人を超えた第2次ベビーブーム以降、減少傾向が続いていた。しかし、なぜ去年は増えたのだろうか?

 

 

<理由>

 

この出生数の増加の理由として、厚生労働省は「雇用情勢の改善などが影響した可能性がある。」としている。

 

確かに言われてみれば、特に女性に対しての待遇が大きく変わった1年だったのかもしれません。しかしながら、「育メン」と呼ばれている男性への待遇は残念ではあるが改善されているとは言えそうにない。

 

また、30代女性の出産が目立つと言われており、全体の出生数を押し上げた模様。現代の流れなのでろうか?高齢での出産が近年多いと私自身感じている。

 

 

 

その他にも多々理由はあるだろうが、2014年と比べ4000人も増えたことは大変嬉しい事ではないでしょうか。最近では、後継者不足や人材不足といった職人や企業での働き手が少なくなっており経営者の方々も苦労されていると一部言われている現在。まだまだ状況が良くなるとは言いにくいが、先の未来には明るい光を灯してくれる発表だったのではないだろうか。

 

 

 

<2016年はどうなる?>

これについては、どうなると言うより「願い」です。去年の出生数を超える赤ちゃんの誕生を期待したいと思います。政府に対しても、女性への待遇はもちろんだが、男性へ対しての育児対策を改善させていくことが今後の課題ではないでしょうか?現状をかんがえると、世間一般の男性社員ほとんどが「休日」を思うように休めていないし、「連休」なんてのは職種によるが、取れていない人が多々おられるのは事実。この点などを改善してもらえれば、もっと増えていくのかもしれません。

 

 

なお、今回(2015年度分)の出生数の確定値については、9月頃の発表となっているので正確ではないが、増えている事は間違いなさそうです。

 

 

これからの日本を支えて行く、未来の子供たちが今後も増加して日本を支えていってもらいましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , , パーマリンク