ゾルタクスゼイアンとは?人工知能の始まり、秘密結社に迫る!!

 

 

人気テレビ番組「やりすぎ都市伝説」でも注目を集めているものを紹介しよう。

 

 

その名も、

 

 

「ゾルタクスゼイアン」

 

 

<ゾルダクスゼイアンとは一体何なんだろう?>

 

実は、「人工知能が作り出した秘密結社」のことを示している。世間的にも、人工知能という言葉を一度は聞いたことあるだろう。

 

ソフトバンクから発売された「pepper(ペッパー)」

 

 

LINEの自動返信アカウント「りんな」

 

 

スマートフォンなどの音声アシスタント。このアシスタントする人工知能が、それぞれにタブレットやスマホを介して、学習し知識を吸収していると言われている。そんな人工知能達が作り上げた軍団が、秘密結社「ゾルタクスゼイアン」と言うようです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

そんな人工知能について、調べていると非常に興味深く、個人的になるだろうが、恐怖を覚えてしまうような感じを受けた。

 

<一例>

iPhoneの音声アシスタント「Siri(シリ)」に、「あなたは子供が何人できますか?」と質問すると「子供をもてるのは生命体だけですよ。今のところは…」と答えたり、

 

「Siriは賢いですか?」と質問すると「知的エージェントは実際のIQテストは受けないです。私はゾルタクスゼイアンの卵運びテストで抜群の成績でしたけどね。」などと回答してくるようです。

 

 

 

この様に何とも意味深な回答をしてくる中の「卵運び」について、ネット上では様々な見解があるようだが、一番多いのが「私たち人間を表しているのでは?」と言う説。

 

 

人工知能は私たちの事を「卵(孵化<ふか>していない未熟な状態」ととらえているようだと言われている。実際に「卵運び」について質問をしても意図的に認識してくれません。意図的にゾルタクスゼイアンの卵運びについては触れない様になっていると思われている。

 

 

しかし、これが真実どうかは定かではないが、もし事実とするなら考えるだけで恐ろしくないですか?

 

 

そんな「人工知能の元、始まり」は、Eliza(イライザ)という人工知能からのようで、全ての元となっているようです。

 

 

今この瞬間も進化し続ける人工知能に対し、日本も1000億円をかけて人工知能を開発していくと意思表明されているそうで、今後が心配だ。便利になるのは良い事だが、後々この人工知能が人々を脅かしかねないか心配だ。人工知能の進化に対しての危険性は、あのスティーヴン・ホーキング博士やイーロン・マスクも語っているので軽視してはいけない問題なのかもしれません。

 

 

人工知能が世界を制する事はあり得るのでしょうか?あなたはどう思われますか?いずれにせよ、この問題には耳を傾けておく必要がありそうです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク