ニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメインの意外な一面とは?

 

 

ハリーポッター新シリーズとして話題になっている最新作

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

 

2016年初めに公開予定(日本)とされている大注目の映画。

 

 

その主人公ニュート・スキャマンダーを務めるのが、エディ・レッドメイン。

 

 

<プロフィール>

本名:Edward John David Redmayne

生年月日:1982年1月6日

出生国:イングランド

国籍:イギリス

http://★エディ・レッドメインの出演映画を今すぐチェック!!楽天★

 

誰もが羨むほどのイケメン。そんなエディには意外な一面が多くある。それをご紹介しよう。

 

 

<実はエリート一家だった!>

父親は銀行頭取という家庭に生まれ。2人の兄はそれぞれ企業家に銀行頭取という肩書をもたれているようです。

 

エディさんご本人もエリートらしく、イギリスの名門校である「イートン」校の出身。噂には、あのウィリアム王子の同級生だったなどと言われているようです。その後、ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジへ進み美術史を専攻し、2003年に卒業している。

 

 

<歌唱力がヤバい!!>

知っている方は分かると思うが、映画「レ・ミゼラブル」のマリウス役で魅せた歌声。なんと撮影の際、歌声を後から入れるのではなく、その場で映像と共に歌も撮るという手法がとられていたため、演技力・歌唱力両方が求められていた映画だったんです。そうすると、あの歌声は本物ということになります。

 

 

<人柄の良さ>

関係者からは、人情に厚く礼儀を忘れない、とても素直な人と思われている様で、過去に共演したアン・ハサウェイは、「とても頭が良く、とても情熱的であたたかい。その2点が交差する場所で生きているような人」とエディさんについて語られています。

 

 

イケメン・エリート・人柄の良さ、まさに完璧な方なのでしょうね。

 

スポンサーリンク
 

また、映画『博士と彼女のセオリー』ではアカデミー賞主演男優賞・ゴールデングローブ賞主演男優賞・英国アカデミー賞主演男優賞等数々の賞を受賞されており、俳優としても断固たる地位を確立されたのではないでしょうか。

 

 

プライベートでは、2014年頃にハンナ・バクショーさんと結婚されており、仕事もプライベートも上手く行っていそうですね。

 

 

<結婚エピソード>

人の交際が始まったのは2012年と言われています。同じ年で、彼女は企業に勤める一般人だったそうです。エディさんは素直な性格な方ですが、彼女の前ではけっこうデレデレだったそうで、いわゆる“ツンデレ”タイプなのかもしれません。(笑)

 

 

また、「好き・愛している」とは言えるが「結婚しよう」の言葉が中々言い出せなかったんだとか・・・。

 

 

2年と言う交際期間の長さは、プロポーズのタイミングが響いていたのかもしれません。ですが、決心されてからは、きちんと父親に挨拶に行ったそうで、ハンナさんはとても喜ばれていたそうです。

 

そんなエディ・レッドメインさんが主演を務める最新作を是非チェックしておきましょう!

 

この記事を読まれた方はこちらもチェック!!

ティナ役のキャサリン・ウォーターストン大抜擢の理由とは?

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , パーマリンク