フィッシュカツ(カツ天)徳島最強のカツはこれだ!原料は?そのルーツ(起源)は?

 

徳島といえば何をイメージするだろう?阿波踊り、すだち・・いっぱいありますよね。

 

 

しかーしっ!

 

 

忘れてはいけない徳島最強の惣菜存在する。

 

 

それが、

フィッシュカツ(カツ天)。

 

 

知ってましたか?

 

 

徳島の名産として活躍している大ヒット商品なんです。もちろん徳島のスーパーならほぼ置いているようです。

 

 

そんなフィッシュカツの原料は、肉ではなく、太刀魚やエソなどのすり身を使用し、味付けに、カレー粉や唐辛子などを混ぜ、それを薄くのばしパン粉を付けてカラッと揚げる。

 

 

原材料や味付けを見ただけでも美味しそう。子供から大人まで愛される庶民の味になっていることは間違いない。お酒のつまみ・お弁当のおかず・おやつ、まさに万能な加工食品。

 

 

 

では、なぜフィッシュカツ(カツ天)は生まれたのだろうか?ルーツを探ってみた。

 

 

<起源>

フィッシュカツ(カツ天)は、徳島市の南隣・小松島市の津久司蒲鉾さんが元祖と言われています。三代目である、古川社長のおじいさんが昭和30年頃に考案されたそうです。その当初、原料は鰺(あじ)が中心だったようなんですが、誕生の経緯などは、古川社長が小学校に上がる前のことだったので詳しい事までは不明のようです。

 

 

しかしながら、発売当時から徳島市内や徳島県西部まで流通が拡大していったが、小松島名物「竹ちくわ」の影響もあり、影に隠れそれほど有名ではなかったと言われています。

 

 

名前の付け方については、発売当初「カツ」と呼ばれていたが、販路が広がりスーパーに納品する際、魚肉使用と分かりやすいようにとパックのシールに「フィッシュカツ」と印刷したため、この名が一般的になって自然と決まった名のようです。

 

 

古川社長いわく、「祖父は登録商標など頭になかったんでしょう。」というわけで現在では県内の蒲鉾店の1/3以上でフィッシュカツが作られるようになり、フィッシュカツブーム始まったような徳島独特の「フィッシュカツ文化」が栄えているそうです。

 

 

また、お店によっては、フィッシュカツ・カツ天・かつ天など様々な商品名があり、家庭によっても呼び方が違うようです。

 

 

価格はメーカーによって異なるが、大体一枚当たり平均80~100円くらいで販売されている。お手頃だし、美味しい、一石二鳥で大満足なんじゃないでしょうか?

 

 

 

私も何度か、ネットで購入して食べてみたが非常に美味しい。なにもしなくて、そのまま美味しくいただけます。

 

 

これなら魚嫌いの方でも美味しくいただけると強く思います。もし、食べられたことない方は、一度お試しあれ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: グルメ タグ: , , , パーマリンク