ミート矢澤に学ぶ「極上!肉汁ハンバーグ」○○を入れる究極レシピとは?

 

大人気ハンバーグ店ミート矢澤。一時間待ちは覚悟!?並んでも食べたくなると言われる「高級黒毛和牛100%ハンバーグ」とは、どれほどの味なのだろうか?

 

 

しかし、遠すぎていけない方の為に自宅でも「ミート矢澤」のハンバーグの味を出来るだけ近い味に出来る究極のレシピを紹介しよう。

 

スポンサーリンク

 

<材料>

 

牛ひき肉…500g

牛脂…45g

生パン粉…25g

牛乳…・・・100c

卵…1個

タマネギ(みじん)…1/6個

バター…15g

塩…小さじ1

黒コショウ…少々

ナツメグ…少々

氷…45g

 

※ポイントは氷と牛脂。これにより滝のように流れる肉汁を作り出すことが出来る。

 

 

(ソース)

 

白ワイン…100cc

粒マスタード…10g

しょう油…大さじ1

バター…6g

ソースはハンバーグの焼いた後の肉汁が残ったフライパンに、上記の材料を入れ温めれば完成。

 

 

 

<作り方>

 

1.フライパンでバターと玉ねぎ(みじん切り)を炒めキツネ色になるまで炒める。

※冷ましておく。

 

 

2.ボウルに生パン粉・牛乳・①玉ねぎ・塩・黒コショウ・ナツメグを加えてむらなく混ぜます。

 

 

3.②の中に、牛ひき肉・牛脂(細かく刻んだ)・氷(多少砕いたもの)を入れ、粘り気が出るまで、良くかき混ぜて下さい。

 

※ここが最大のポイント。牛脂を加えることで旨味のある肉汁ができ、氷を加える事により、タネの温度上昇を抑え、脂などの溶けだしを防げる。

 

 

 

以上が、ハンバーグのタネの作り方だ。焼き方については各家庭さまざまだろうが、出来ればオーブンがあれば使用した方がジューシーに仕上がる。別に無くても十分美味しく出来上がるので心配ご無用。

 

 

焼き方のコツとしては、表を強火で焼き色がつくまで。その後裏返し弱火で5~6分。焼き色がついてなければ強火にし、焼き色をつける。大事なのはゆっくり火を通してあげる事。

 

 

焦って強火で焼いてしまうと生焼け状態になってしまう。そうなると修正不可能となり、今までの作業工程が無駄になってしまうので要注意。

 

 

 

おさらいではありますが、「氷」「牛脂」は非常に重要な役割を果たしますので、必ず用意しておきましょう。氷も家庭で無料で作れますし、牛脂もスーパー・精肉店などで「牛脂下さい。」と言えば無料でくれますので、是非お肉を買われる際は一緒に貰っておきましょう。※牛脂のもらいすぎは止めましょう。

 

 

 

子供から大人まで大人気のハンバーグ。家族に、彼女彼氏に、一味違うワンランク上のハンバーグを作って胃袋を捕まえちゃいましょう!(笑)きっと、食べたみんなが笑顔になること間違いなしの一品、覚えておいて損は無いでしょう🎶

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: グルメ タグ: , , , パーマリンク