イ・ボミ国内初の賞金獲得2億円越え!その強さの秘訣とは?

女子ゴルフ伊藤園レディースが15日、その最終ラウンドが行われ、単独首位だったイ・ボミ(韓国)が、ボギーなしの69で回り今季6勝目を挙げた。ツアーの成績は、通算14勝目となる。

楽天リンク

 

これにより、優勝賞金1800万円を手にした、イ・ボミ選手は、

 

今季獲得賞金は2億780万6906円となり、国内女子ツアー初となる年間獲得賞金2億円超えを見事達成。

 

また、自身初となる2015賞金女王の座も決定したことになる。

 

 

 

今大会のコメントでイ・ボミ選手は、「夢のようで、最高の気分!」と嬉しさをにじませていた。

 

スポンサーリンク
 

しかし、なぜここまで強いのか?

 

 

その強さの秘訣とは一体?

 

まず、今季を振り返ってみると圧倒的なパーオン率を誇っている。さらに、パッティング技術の素晴らしさがあるようだ。

 

 

ツアーのライバル達によると、「彼女のショットの精度は非常に高く、飛距離もでる。また、スイングリズムも素晴らしく安定しています。」とショットについて高い評価を得ている。

 

 

また、「グリーン上でパターが入るか入らないかの勝負をしていると感じる。」などの声も挙がっており勝負強さも伺える。

 

 

このようなショットが出来るには、相当な練習量が隠れていると言われている。現に韓国代表コーチは話されているそうです。

 

 

それによると、韓国の選手たちは本当によく練習をする。そして、代表や代表常備軍を経験すると、より一層ゴルフに打ち込む傾向があると言うのです。さらに、代表合宿などで同世代のライバルと寝食をともにし、一緒に練習をすることで、競争意欲が刺激され、それが向上心へと転化するのではないかと語っている。

 

 

圧倒的練習量競争意識メンタル=強さ

 

 

このような式になるのでしょうか?

 

 

保険の窓口レディースで同じ組で回った柏原プロは、イ・ボミ選手について、自信と経験値の高さを感じた。駈け引きだったり、全てにおいて今まで積んでいる練習量が違うと感じたと言われている。それだけ大きな違いがあるのでしょう。

 

 

私たち世間の方がやっているゴルフと違って、プロは一打一打が重要になってくる。その重圧をはね返す為、上記の式のように自身を鍛え上げているのでしょう。

 

 

果たして、イ・ボミ選手はどこまで強くなっていくのでしょう?今後に期待が膨らみます。

 

何事も経験あるのみ。遊びに仕事に、色々な経験を積むことは、とても良い事だと思うので、色んな事にチャレンジして私たちも頑張って参りましょう!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: スイーツ・お菓子 タグ: , , パーマリンク