ぱるる主演「劇場霊」での演技が凄い!?女優としての道を目指すのか?

2015年11月21日公開の映画

 

 

「劇場霊」(げきじょうれい)

あの「女優霊」で監督デビューし、その後「リング」・「クロユリ団地」など日本を代表する恐怖映画を多数生み出してきた中田秀夫監督最新作

 

 

その主演に抜擢されたのが、AKB48ぱるること島崎遥香

 

 

なんと!主演を決めるにあたってAKB48グループの全メンバーを対象にしたオーディションが行われた結果ぱるるに決定したようです。と言う事は、現AKB48のメンバーの中で演技力が一番と言う事でしょうか?素晴らしい!!

 

 

ぱるるが主演!?と驚きだろうが、もっと凄いと思うのが「映画単独主演」を飾るんです。要は、映画の完成度は島崎遥香(ぱるる)にかかっていると言ってもいいくらいのポジションだ。ぱるるは、その期待に答えれたのだろうか?

 

 

その期待については映画の予告を観ると良く分かる。迫りくる恐怖に引きずる表情などアイドルとは思えない気迫のこもった演技。私たち観客を恐怖を伝えるに申し分ない演技ではないでしょうか?

 

 

もしかすると、この映画がキッカケで女優としての道を目指すのかも・・・。

 

 

ぱるる自身も「新たな道のようなものが見つかりました。これからいろいろな事を経験し、選ぶべき道を見つけれたらいい。」と意味深なコメントをされている。

 

 

最近では、ぱるる卒業の噂が飛び交っている中、新たな「女優」と言う一面を覗かせた島崎遥香の今後に期待が持てそうです。

 

スポンサーリンク
 

映画「劇場霊」のストーリー

ある女貴族の生涯を描いた舞台に出演することになった若手女優の水樹沙羅(ぱるる)。配役をめぐって女優同士の争いが繰り広げられる。そんな中、小道具として使われる球体関節人形が持ち込まれたことをきっかけに、劇場内に怪奇的な異変が起こり始める。主演女優の篠原葵も転落事故で意識不明の重体に陥ってしまい、沙羅は代役として主演を務めることになるが、ある日の稽古中、舞台上で人形が動き出すのを目撃することになる。ただならぬ気配を感じた沙羅は、スタッフを連れて疑惑の人形の制作をした作家を訪ねることにしたのだが・・・。

 

怖っ!!

 

 

※なお、共演には足立梨花さん・高田里穂さん・町田啓太(劇団EXILE)も出演なさっているので、こちらの方々の演技にも注目ですね🎶

 

 

何かと話題のAKB48島崎遥香(ぱるる)の今後は、まだ分かりませんが役者として一歩を踏み出した彼女を応援いたしましょう!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こちらの記事にも注目しましょう!!

ベッキーと上戸彩に何が!?

V6岡田准一の性格が良すぎ!?

くわばたりえの子育ては良い?

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク