こんにゃくの黒い粒の正体は海藻ってホント?何を使っているの?

楽天リンク

一度は口にした事あるだろう「こんにゃく」。

 

しかし、意外に何から出来ているか知らない方も多い。そんな中、特に気になるのがこんにゃくの「黒い粒」ではないだろうか?

 

 

実は、その黒い粒の正体は大半が海藻
「アラメ」「ヒジキ」「カジメ」の粉末を使用し色を付けている。実際にこんにゃくの裏面の表記に「海藻粉末」と書かれているので購入する際はチェックしてみて下さい。

 

 

しかし、大半とはどういう事?と思われた方いませんか?では説明して行こう。

 

 

こんにゃくといっても、作り方・製法が2つあるんです。こんにゃく芋の生芋から作る製法と、製粉して作る製法。

楽天リンク

白こんにゃく美味しそうですよね♪

 

生芋から作る場合、皮などが残ってすり潰すため、黒っぽくなるのです。一方、製粉から作られるこんにゃくは白色をしています。

 

さて、時はさかのぼる事「江戸時代」。すでにこの年代で2パターンの作り方があったようですが、西日本では生芋から作るこんにゃくが中心となっていたため白色のこんにゃくが好まれていなかったそうです。しかし、白こんにゃくの方が作業効率的にも良く、何とか全国に広めたいという考えから、芋こんにゃくに似たてた色を出すために海藻が使われだしたと言われているようです。

 

 

この風習は現在も浸透しているようで、西日本は黒・東日本は白いこんにゃくが主流となっているようです。

 

 

また、製粉で作る白こんにゃくや、海藻を入れる灰色こんにゃくは家庭でも簡単に出来るキットが出ているくらい誰でも作る事が可能なんです。一度みんなで作ってみるのもいいかもしれませんね(^^)

 

 

一方、生芋から作る場合は「こんにゃく芋」を洗うところから始め、皮むき、スリおろし・・・ホントに大変な作業です。

 

 

二つの大きな違いは「味」と「食感」。こんにゃくの味がどちらかと言えば、食べなれている製粉で作られた方。しかし、生芋の方が風味などが良く美味とされている。また、食感は全然違う。どちらも弾力はあるのだが、製粉で作った方がプルンッツルンッと感がある。見た目的には生芋の方は、ゴツゴツしている感じだ。

 

 

これから、寒さの本番。そこで美味しくなるのが「おでん」ですよね♪そのおでんに欠かせないのが「こんにゃく」。こんにゃくは栄養価も凄く高い食べ物なので、いっぱい食べて寒い冬を乗り越えて行きましょう🎶

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , パーマリンク