11月11日のポッキーの日って何?由来は?ポッキーウンチクは?

毎年恒例となった「ポッキー&プリッツの日」。毎年11月11日に定着したこの記念日?だが、ポッキーの日は知っていてもその由来・始まり関して、知らない方が多い。

 

 

最近では、インターネットの普及によりだいぶ浸透してきたが、意外にも由来や始まりを聞かれると「ポッキーの日って何?」と言う方は多いような感じだ。そんな方に知ってて得するかどうかは分からないが、説明して行こう。

 

 

由来は?

 

「ポッキー&プリッツの日」の由来は、

さかのぼること平成11年(1999 年)11 月 11 日。見ても解るように「1」が 6 個も並ぶ、見た感じおめでたい日。その日に日本記念日協会からの認定を受けたようです。

 

ポッキー&プリッツが数字の「1」に似ている事から、見栄えのいい平成11,11,11から始まったと言う、単純な理由が由来となっているようだ。

 

 

また、ポッキーの持ち手の部分についてなぜチョコが塗られていないのか?これについても、紹介しておこう。

 

スポンサーリンク
 

まず、ポッキーを販売する「グリコ」の本社は何処にあるのだろう?それは、あの有名な道頓堀の看板で知られている大阪です。大阪の西淀川区に江崎グリコ本社があります。

 

 

実は、大阪があのポッキーの持ち手2cmと深い関係にあるようです。

 

 

なぜだろう?

 

 

では、皆さんは大阪の名物と言えば何を想像されますか?タコ焼き・お好み焼き・串カツといった感じでありますよね。実は「串カツ」よりヒントをもらって生み出されたのが、持ち手の2cmだったんです。

 

 

串カツと言えば、ソースにひたして食べる串カツ。有名どころでいうと二度付け禁止がうたい文句の「大阪だるま」ホントに美味しいので一度大阪に行かれた際には行かれてみて下さい。

 

 

その、ソースにひたすとき手が汚れないために残された楊枝(ようじ)の持ち手で、ひらめいたようでユーモア溢れる大阪だからこそ生まれた商品なのかもしれません。

 

 

 

そんなポッキー今年で誕生50年目を迎えた記念すべき年。驚きなのが、日本を含め世界約30か国で年間約5億箱も売り上げる巨大ヒット商品だったんです。もはや、日本で愛されているのではなく、世界で愛されているお菓子なんです。

 

 

<まとめ>

皆さんは、ポッキーやプリッツを年間どれだけ食べていますか?パッと言われても解りませんよね。しかし、必ず食べてはいるはず。それだけ日々の生活に自然に溶け込むことが重要なのかもしれません。

 

この意外に知らないポッキーについては、日々の生活に必要ないかもしれないが、知っておけば、ポッキーウンチクとして役立つと思いますので、これから増える忘年会などの会話のネタにされてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

この記事を読まれた方は、こちらも気になっています。

2015流行語大賞予想!?

ゴールデンボンバー喜矢武の前髪が大変!?

何でも2つある神社って一体?

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , パーマリンク