ムネリン、川崎宗則が日本球界へ復帰か!?どこの球団か?

元ソフトバンクの選手で、現在は大リーグ・ブルージェイズに所属している「宗リン(むねりん)」こと川崎宗則(34)。

 

 

メジャーに渡って5年。今季限りでブルージェイズとの契約が切れる川崎は、現時点で来季の去就は未定のようだ。このタイミングで、もしかすると日本球界復帰の可能性も出てきているようです。

 

スポンサーリンク





 

すでにネット上では、話題となっているが楽天が生遊撃手の大きな強化をするような動きをみせており、そこに川崎が浮上している模様。しかし、ムネリンが日本球界へ復帰の意思をみせれば、争奪戦になることは間違いないだろう。

 

 

今季、向かうところ敵なしだった古巣・ソフトバンクにオリックスなど複数の球団が獲得に乗り出す可能性は非常に高い。中でも、先手を打っているのが上記で示しているように楽天のようだ。

 

 

楽天の球団関係者は、「現時点で決まっていることはないが、シーズン中からスカウトを派遣して調査はしている」とコメントしているようで、水面下では、すでに争奪戦が始まっているのかもしれません。

 

 

ムネリンと言えば、ソフトバンク時代から知っている方は分かるだろうがムードメーカー的存在。プレーの実力も最高ながら、チームの中心となり盛り上げていく素晴らしい個性の持ち主。また、ファンも尋常じゃないくらい多かった。

 

 

それは、アメリカに渡っても健在だったようで、その人気ぶりを示すエピソードがあったので紹介しておこう。

 

スポンサーリンク





 

ブルージェイズの本拠地、トロントの地元紙トロント・サン(電子版)によるものです。それによると、トロントで中古車店のラジオCMに起用されている川崎を取り上げ、なぜ選ばれたのかを詳細に伝えている。

 

記事では、MLB球団のある各都市でどの選手がCMに起用されているかに言及あいており、バスター・ポージー(サンフランシスコ・ジャイアンツ)、デビッド・オルティス(ボストン・レッドソックス)、デビッド・ライト(ニューヨーク・メッツ)、といった名だたる人気選手を列挙すると、こう続けていた。

 

 

「ではトロントでは誰か? ムネノリ・カワサキだ!」

 

 

ブルージェイズにはホセ・バティスタやラッセル・マーティンといった多くの人気選手もいる中、なぜ川崎なのかという疑問について調べ、その答えとして、2014年からラジオCMで川崎を起用しているトロント市の中古車店「ボブ・バナーマン」のケイティ・シア社長のコメントを紹介している。

 

<ケイティ・シアのコメント>

「私たちは彼がファンのお気に入りだと知っていました。いつも夫と私が球場に行くと、人々が最も話題に挙げていたのは彼でした。彼は私たちを笑顔にし、大きな個性があり、チームメイトから愛されています。」

 

 

もう、日本にとどまらず、世界の人気者へと進化を遂げていたんですね✨そう考えると、メジャー球団も獲得に乗り出すかもしれないので、野球界から熱い視線を集めることになりそうですね。

 

仮に、どこの球団に行くかはムネリン次第なので、分からないが色んな意味で良い相乗効果が生まれそうな逸材であると言えそうだ。

スポンサーリンク





LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: スポーツ関連 タグ: , , , パーマリンク